化学汚染一覧

NO IMAGE

カナダが使い捨てプラスチックを2021年に禁止・・・プラスチックごみによる海洋環境の悪化を食い止めるのが目的。具体的品目は今後定めるが、レジ袋やストロー、スプーン、フォーク、皿などを想定

プラスチックは深刻な海洋汚染の原因となっており、さまざまな国や地域でプラスチック製品に規制を課す動きが活発になっている。 〇カナダ リンク ...

海洋汚染のマイクロプラスチックでも注目されていますが、現実日常の中に当たり前にあるプラスチック製品・・・子どもの肺機能が低下するとの報告、IQ低下、ADHD、発ガン、男性の女性化、無精子症、前立腺癌などの報告もある

今周りを見渡してみるとプラスチックだらけ。海洋汚染のマイクロプラスチックでも注目されていますが、現実日常の中に当たり...

NO IMAGE

インドがプラスチックの利用を2022年に全面禁止へ・・・人類にとって今や一番の脅威は人工物質といっても過言ではない。ただ、多くの人が気づいていながら目先の利益優先で禁止できない

人類にとって今や一番の脅威は人工物質といっても過言ではない。ただ、多くの人が気づいていながら目先の利益優先で禁止できないのが現状。そんな中、イン...

NO IMAGE

大気汚染とメンタルヘルスの強い関連が「1億5000万人のデータ追跡」という史上最大規模の医学研究から明らかに。双極性障害、統合失調症、パーソナリティ障害、うつ病のすべてが著しく増加する

indeepさんより リンク 「せめて子ども時代は空気のきれいな場所で過ごさせる」ということが、結果的には、その子どもの将来にとって、とても有...

日本海溝、伊豆・小笠原海溝、マリアナ海溝、ケルマデック海溝、ニューヘブリデス海溝、ペルー・チリ海溝。世界の6つの海溝に住む深海の端脚類(小さなエビに似た甲殻類)からマイクロプラスチックを検出。

日本海溝、伊豆・小笠原海溝、マリアナ海溝、ケルマデック海溝、ニューヘブリデス海溝、ペルー・チリ海溝。世界の6つの海溝に住む深海の端脚類(小さなエビに...

NO IMAGE

もうじき日本の海が死ぬ : 「史上最悪の原油流出」が日本の海域を直撃する予測が英国海洋センターより発令。3ヶ月以内に九州から東北までの全海域が汚染される可能性

直感的にヤバイ。今年1月に中国沖で発生した石油タンカー事故。漏れ出した原油による危機的状況がまもなく日本の海を襲う。放射能汚染につづき海洋汚染に見舞われ...

NO IMAGE

国産野菜は本当に安全なのか?:農薬は水溶性であり茎から水と一緒に吸収され作物が育つ。その茎や葉っぱを虫がかじると農薬で殺される。野菜は7割~9割水分でできており、これを人間が食べている。

国産野菜は安全なのだろうか??? もはや放射能汚染で農作物の産地を気にするのは健康を維持する基本となっているでしょう。 しかしながら、それ以外にも国...