ヒートテックの危険性:体温調節ができなくなり、脳機能にも影響が発生する。

ヒートテック 危険

ヒートテック 危険

■ヒートテックは世界中で大ヒットしてる合成化学繊維のインターで水分を熱に変える化学繊維の特質を活用して汗を熱に変えるものです。
★薄着で手軽なので人に人気ですが、体温調節機能を低下させて
最終的には脳の働きにまで影響するようです・・・。
★皮膚は体全身にあり、血液の10~15%が皮膚の血管を循環しています。
・暑い時は血流を少し弱くして暑さに対抗します。
・反対に寒い時は血流を活発にして寒さに対応します。
・気温や湿度などを肌が感じ取って脳に伝えます。
・気温や湿度などによって血流を変化させて対応しますがヒートテックはこの機能を低下させてしまいます。
★合成繊維が全て悪いとはいいませんが……
・女性が身につけているパンストは静電気の原因です。
・ヒートテックとパンストで体は常に静電気で酸化してしまいます。
・この静電気の酸化によって体温がして血行が悪くなります。
・血行が悪い低体温の女性の共通点は、免疫機能が低下していて
生理痛がひどいことです。
・血行が悪いので、排卵の際に子宮内膜の古い血液が体外に排出されません。そこで、脳は排出されない血液を無理やり放出させるために強制子宮収縮ホルモンのプロスタグランジンが分泌させます。このプロスタグランジンの分泌量と生理痛の辛さは比例しているようです。
・更に、低体温症の女性の多くは、髪を染めて、カフェインを
毎日摂取して、パンを食べて、乳製品も大好きです。
・アルコールを飲む女性も非常に多く、身体を酸化させることを
毎日毎日とてもたくさんしています。スマホやタブレットの電磁波も相当浴びています。ビタミンとミネラルの摂取はほとんどなく、タンパク質も摂取していません。
★漢方や和漢がなぜか魔法のような作用があって便秘や冷え性や生理痛、頭痛なども副作用がなく治してくれると思っている方が多いですが漢方や和漢も完全な医薬品で肝臓や腎臓への負担やダメージはとても大きなものです。
★静電気や合成化学繊維がもたらす負のダメージは静脈瘤や血行の悪さ、免疫機能の低下、脳の機能の低下代謝の低下、体の酸化をもたらすリスクを知っておく必要があると思います。
★僕は一度着たことがありますが、何とも言えぬ不快感で着ることができずに、すぐに脱ぎました。
あの不快な何とも言えない気持ち悪い肌触りが何ともない人って
健康なのかな~って思ってしまいますが、個人の感想でした。
■上記はヒートテックについて南 詳憲さんが書かれた文章ですが、あなたがヒートテック商品を着た時に感じませんでしたか?

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=896217050554539&id=100004987569033

シェアする

フォローする