NO IMAGE

マンモグラフィーの危険性(アメリカ)

アメリカでは次のようなマンモグラフィーの危険性が認識され始め、毎年の定期検診でそ­れを推奨しない勧告が広くいきわたるようになっています。1、放射線被ばくのリスクは胸部X線撮影の1000倍で、癌のリスクが1%上昇するそ­うです。2、マンモグラフィで偽陽性との誤診を受けるリスクが6%...

NO IMAGE

「地球温暖化のウソ」に騙されるな。国民は各世帯で毎年20万円を盗られている【理学博士・深井有】

地球はもう温暖化していない。われわれは計算結果ではなく現実に起こっている気候変動を虚心坦懐に眺めて、正しい判断をしなくてはなりません」 2015.11.30 ニュースより ◆11月30日にパリで地球温暖化対策を議論する国連の会議「COP21」が開幕した。今年11月9日、国連の世界...

NO IMAGE

麻生太郎氏による「日本の借金」の解説

副総理兼財務大臣、金融担当大臣 麻生太郎 氏今からわかりやすく例を説明するから、よーく聞いといてくださいね。帳簿っていうのを見れば、まず借り方と貸し方と、二つがあるでしょ、簡単なこと言えば。今お金を借りているのは、みなさんじゃありませんからね。お金を借りているのは、政府です。お金...

NO IMAGE

ソマチッドは最小の生きたエネルギーコンデンサー

ソマチッドの大きさには巾があるが、最小のものは水素原子の数倍の大きさだ。この微細な粒子が、電磁波や感情や意識の波動と共鳴したり、吸収したりするのではないか?という仮説が考えられる。例えば、細胞分裂には膨大なエネルギーが必要だが、従来説は有機分子の分解などからのみ取り出していること...

NO IMAGE

ソマチッドは外圧変化を自ら捉え、自己保存できるように変化していく

ソマチッドの16サイクルは、体内からソマチッドを抽出して、培養器という特殊な外圧の中で発見されたもので、人体内で確認されたものではない。この、1サイクルは90時間ほどかかり、16段階目でたくさんのソマチッドを放出して、元のサイクルに戻る。それに対して、人体内では年単位で、この...

NO IMAGE

首都圏の急病人が首都機能を止める・・・。これが、年明けに爆発的に加速します。

このブログ首都圏の急病人が首都機能を止める・・・。これが、年明けに爆発的に加速します。もう始まっている。  をご覧の皆さん。そして、これまで、政府がすすめる「食べて応援」や「瓦礫焼却」をしてきたみなさん。 なにも首都圏に限りません。国家権力は、地震後、日本列島の人間に均等に内部被...

NO IMAGE

地球温暖化と二酸化炭素量は関係ない

地球温暖化説にとってちょっとつらい報告を紹介しよう。それは、1994年秋にイギリス、リーディング大学の3人の科学者が「ネイチャー」に発表した論文である。彼らが化石の中の酸素同位体などの調査をもとに行った研究によれば、恐竜の全盛期であった白亜紀(1億4400万年前~6500万年前ま...

NO IMAGE

余命2日の白血病の少年がカンナビスオイルでほぼ完治

医師から余命48時間を宣告された3歳の少年が、カンナビスオイルでほぼ完治ランドン・リドル君という3歳の男の子は白血病と診断され、1~2日の後の生存率はわずか8~10%だと医師から宣告を受けていました。少年の母、シエラ・リドルさん:「彼の胸部全体は白血病の腫瘍だらけで、息を吸うこと...

NO IMAGE

パリ同時多発テロを利用する安倍政権の危険な策謀

11月19日、ポータルサイト最大手の「Yahoo!ニュース」に、こんな見出しの記事が踊った──「日本は『非常事態宣言』ができるか 憲法への緊急事態条項創設が課題」。産経新聞の記事だ。 記事は、フランスのオランド大統領が、パリ同時多発テロ発生後に「非常事態宣言」を発令したことを口火...

NO IMAGE

マイナンバーは、IoTに乗り入れ、神経政治学に利用される

マイナンバーは、最終的には、バイオメトリクスからニューロポリティクス(神経政治学)につながる。2020年、モノとモノとが交信する時代が到来するマイナンバーの隠された真の目的を知るには、2011年7月から地上波デジタル放送に切り替えられた本当の目的を知る必要があります。・・・その理...

NO IMAGE

パリ同時多発テロ クライシスアクターの正体

911と同様に今回のパリでの同時テロ事件も情報機関や軍隊が中心となった演出であることを示している。ひょっとするとエジプトで墜落したロシア機も演出であり実際には墜落していないのかもしれない。演出を行ったのは独仏露の欧州ランドパワー連合が中心と思われるが、米国のテロ事件で泣き女として...

NO IMAGE

明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト

■「明治維新を全否定」の歴史本 会津地方で大ベストセラーに「吉田松陰は山県有朋が創った虚像である!」「久坂玄端は天皇拉致未遂犯である!」「勝海舟は裏切り者である!」「長州藩はテロリスト集団である!」 このように、新聞広告にはなんとも刺激的な惹句が並ぶ。日本を近代化に導いたと教えら...

NO IMAGE

牛乳の害と母子手帳について

戦後になって日本に根付いてしまった毒の代表格が「牛乳」ですが、牛乳を子供に与えるなどということはまさに子供を虐待しているに等しい所業です。これは母乳を与えるなといっているわけではありません。仮に母乳の出が悪いなら人工乳を使うこともあり得るかもしれません(この調製粉乳の中身が昨今最...

NO IMAGE

砂糖の消費量、砂糖は覚せい剤みたいなもの

皆さんは普段どれだけの砂糖を摂っていますか。砂糖や異性化糖などの糖類は、人間にとって全く必要が無いばかりか、過剰摂取でむし歯やガン、心臓病なども引き起こす非常に危険な物質です。しかも依存性も強力であり、アメリカでは砂糖の依存性はコカインと同等といわれています。まさに百害あって一利...

NO IMAGE

現代社会にみる安全な水とは

日本の水道は塩素消毒されており、それにより感染症のリスクは激減しましたがかわりに新たな病気の源となりました。それが現代病でありアレルギーなどであり動脈硬化性疾患です。アメリカでは古くから塩素と粥状動脈硬化の関係が示唆されていましたし、アメリカのJ・M・プライス博士は、「塩素がアテ...

NO IMAGE

パリ同時多発テロは300人委員会の命令で実行された“仕掛け”

パリの同時多発テロはISISを利用した自作自演テロだったことが分かっていますが。。。フランスは威勢よくシリアに戦闘機や空母を送り込み対ISIS戦争を演出しています。今後、ロシアと共にアメリカやNATOも対ISIS戦争に参戦しシリアを完全に破壊することになるのでしょうね。既にアメリ...

NO IMAGE

福島原発事故の5年後からはじまる日本人の悲劇

今の日本国民の中にこの事態を当事者としてとらえられている人はどのぐらいいるのだろう?多くの人にとってはどこ吹く風に成り果てているのではないだろうか。対象世界を広げ、主体的に事実の収集をしていかなければ、もはや自分の命さえ守れないのだ。*****以下、新発見。BLOGより引用ショッ...

NO IMAGE

ガストン・ネサンのソマチッド新生物学に学ぶ~病気はソマチッドの形態で予測できる・ソマチッドは免疫機構が弱まると異常をきたし、それは製剤で回復することができる

今回はソマチッドは十六の異なる形態をもち、それを見れば病気を予測ことができること。そして、その異なる形態のサイクルはクスノキが産出する天然の物質カンファー(樟脳)を原料に製剤したものをリンパ注射すれば回復することができるという内容をまとめます。------------------...

NO IMAGE

オバマがあなたに知って欲しくないイスラム国に関する26項目

【アルカイダの歴史的起源】1.米はほぼ半世紀、アルカイダとその関連組織を支えてきた(ソ連のアフガン戦争の全盛期以来)2.CIAの訓練キャンプは、パキスタンに置かれた。1982年から1992年10年間では、イスラム諸国からジハード主義者が募集され、アフガニスタンのジハードで戦うため...

NO IMAGE

パリ同時多発テロ イスラム国とフランスの空爆

フランスの空爆により小学生28人が死亡。いまだにイスラム国はヤラセだと知らない人が多くて辟易しますが、そうやって知らない、無関心、浅い嫌中嫌韓などがこういう悲劇を生み出していきます。フランス軍の戦闘機がイラク北部モスルの東部にある小学校を空爆しました。建前はテロ組織イスラム国が犯...

NO IMAGE

水選びについて

水道水による発ガン危険性としてはトリハロメタンが有名ですが、まだ許容量が大きく、水質基準によって厳密に規制されているということがあります。トリハロメタンよりも発ガンの危険性が高いのはヒ素かもしれません。しかしヒ素も水質基準によって厳しく規制されていますので、じつは水道水が危険であ...

NO IMAGE

海外のワクチン強制事情

ワクチンに効果ないことや、様々な副作用や後遺症をもたらすことはもはや常識ですが、海外ではロビー活動が展開されネット上もワクチン強制一色になっています。そしてずっと審議されてきたオーストラリアの案件、予防接種を拒否する家庭には児童手当を支給しない法案」が可決承認され、来年の元旦から...

NO IMAGE

注目すべきフリーエネルギーの紹介

フリーエネルギーは実現するのか?注目の発電装置と、その最先端にいる人物たちの紹介。==================■QEG:Fix the Worldチームが2014年3月に開示した量子エネルギー発電機。QEGはテスラのパブリックドメインの設計に基づいており、信じられないほど...

NO IMAGE

人類の視力の限界は?

つい1万年前まで洞窟に隠れ住んでいたであろう人類が、暗闇の中でどのように仲間の表情を読み取っていたのか?焚き火の炎、開口から差し込む外光、驚異の視力(暗視)など考えられるが。現在でもアフリカのマサイ族などは暗視能力や遠距離のものを識別する視力を持ち合わせているらしい。おそらく、始...