武漢、病院で検査・治療が受けられない市民が大量に死亡か・・・6割の死者が自宅から火葬場に!中国政府発表の死者数は「ごく一部」の疑い

・中国国内を中心に世界中で感染が広がっている新型コロナウイルスについて、武漢市内の大勢の市民が、大量の患者でパンク状態となっている病院での治療を受けられず、自宅で次々と死亡している疑いが浮上している。

・一部メディアによると、武漢市のある火葬場に運び込まれている死者について、およそ6割強の死者が自宅から運ばれているとのこと。病院で検査が受けられずに自宅に留まらざるを得ない人や、自宅で死亡した人々は「感染疑い」として、政府発表の感染者や死者数にカウントされていないという。

ーーーーーー

武漢市の火葬場、「1日116人の遺体を焼却」6割が自宅で死亡

新型コロナウイルスによる肺炎の感染者・死者の人数をめぐって、中国政府の発表を疑問視する声が後を絶たない。大紀元は2月4日、湖北省の複数の火葬場を取材したところ、火葬場の処理量は平常時の4倍から5倍だという。

電話取材を受けたある火葬場の幹部によると、旧正月に入る前から無休で働いており、「身も心も持たない」ほど忙しいと述べた。「昨日(3日)127人の遺体が運ばれてきた。116人を火葬した。死亡証明書の『死因』に『新型肺炎』と書いてあるのは8件、『新型肺炎の疑い』が48件だった」

~省略~

この火葬場には9台の遺体搬送車がある。「今、運んできた遺体の数と処理量は、通常の4倍から5倍だ」と同幹部は言う。

武漢市の新洲火葬場も取材した。取材に応じた職員は9台の火葬炉が24時間稼働していると答えた。

漢口火葬場は、20台の火葬炉が絶え間なく稼働していると大紀元の取材に答えた。武漢市には現在、8カ所の火葬場がある。

冒頭の火葬場幹部によると、多くの遺体は病院からではなく、死亡者の自宅から運ばれてきたという。「ちょっと計算してみたところ、38%が病院から、61%が自宅から運ばれてきた」

中国当局は新型肺炎感染患者の遺体取り扱いに関する通達で、自宅で死亡し死因がはっきりしない場合、感染者と接触した経歴があれば、一律に「感染疑い」として処理するよう指示している。

中国政府が発表した死者数は、感染を確定した患者の死亡者数であり、感染疑いのままで死亡した人を含んでいない。

【大紀元 2020.2.8.】

ーーーーーー

中国・武漢市での新型肺炎感染者の死亡率は4.06%(20/02/10)

~省略~

湖北省の衛生当局は9日、武漢市での死者が608人になったとしたうえで、感染者の死亡率が4.06%であることを明らかにしました。また、湖北省で死亡率が最も高いのは武漢市の西に位置する天門市で、5.08%に達しています。中国政府が4日に発表した統計では湖北省を除いた中国国内の死亡率は0.16%と説明していて、湖北省の深刻さが際立っています。

【YouTube(テレ朝news) 2020.2.10.】

ーーーーーー

ーーーーーー

シェアする

フォローする