子どもの体温 子どもに限りませんが現代人の問題点の一つが低体温、昭和30年までの正常体温は0~6歳は38度台

子どもの体温
 
子どもに限りませんが現代人の問題点の一つが低体温です♪。
たとえば昭和30年までの正常体温は0~6歳は38度台・6~12歳は37度台・12歳以上は36度台であったのですが、最近は35度台の人が増えましたね♪。
37度あると微熱がある、38度台あると病院に駆け込んだりしてるアホ親だらけですが、本来はそれが子どもの正常な数字です♪。
 
低体温だとウイルスや細菌がはびこりやすく、その対抗策のために免疫機構が完成していない子どもは体温が高い傾向にあるわけです♪。
39~40度の発熱でも、子どもの意識がしっかりしていて元気であれば何の心配もありません♪。
問題はその熱よりも解熱薬や下痢止めや咳止めの方です♪。
 
そして低体温になる原因はいろいろありますが、一つは夏物の野菜ばかり食べていること、一つは小麦モノばかり食べていること、一つは空調の使い過ぎ、そして最後は厚着になります♪。
昔は暖衣飽食は病の元といい薄着の価値が言われていました♪。
そもそも野生動物は服など着ないし、本来は人間も防御ばかりしていれば体は弱くなるのです♪。
 
子どもが低体温だと元気に動けない、脳の働きが弱い、免疫力低下など様々な問題を引き起こします。
また他にも真弓定夫さんなどがよく言われていることとして、外遊びをしないこと、紙オムツ・冷たい物甘い物の食べ過ぎ、牛乳を取ること、などが低体温に関係するとされます♪。
 
素足で過ごすことも重要であり、靴ばかりはかないで草履や下駄も活用することなどもよく言われます♪。
大人でもこれは同じであり同じ対策をすることで体温の上昇が期待できます♪。
昔の人が乾布摩擦するのにもちゃんと意味があったということなのです。

参照:https://www.facebook.com/photo.php?fbid=2641098425973894&set=a.120998111317284&type=3&theater

シェアする

フォローする