【有機肥料】有機だから安全??・・・鶏糞といっても様々である。庭で飼っている穀物残飯を食べている鶏の糞や自然養鶏場の鶏糞を使うという人もいるが、多くは、肥料屋やホームセンターで購入した鶏糞を使うだろう。何を食べどう育った鶏なの???

「有機肥料」

例えば鶏糞というのがある。化学肥料を一切使わず、鶏糞を利用した有機肥料で栽培しているという方が最近は多くなった。

鶏糞といっても様々である。庭で飼っている穀物残飯を食べている鶏の糞や自然養鶏場の鶏糞を使うという人もいるが、多くは、肥料屋やホームセンターで購入した鶏糞を使うだろう。

鶏は配合飼料を食べるが、その配合飼料には炭酸カルシウムが混ざっている。卵の殻を丈夫にするにはカルシウムが必要であるから。

その炭酸カルシウムは石灰石から作られるのだから、つまりは化学肥料とあまり変わらない。いや、ほぼ同じだ。

その他の穀物も化学肥料と化学農薬で育てられた穀物であるのが一般的である。つまり、有機肥料を使えば使うほど、化学肥料は消費されていく。

化学肥料を毛嫌いし、鶏糞、牛糞を使用した有機栽培の野菜を好む人が多いが、僕には意味が分からない。結局、化学肥料を促進する事には変わりない。

さらには、鶏や牛は、遺伝子組み換え飼料を食べる事が多い。問題となっている除草剤、グリホサートを散布して育てられた穀物を使用した飼料である。

もっと言えば、配合飼料には添加物として抗生物質などが使われる。あるいはホルモン剤が使用されているかもしれない。それらが糞に残らない保証はあるのか。

有機栽培だからといって手放しに安全だなどと思わない方がいい。ホームセンターで手にする鶏糞を、本当に土に混ぜて平気なのか、今一度、熟考して欲しい。

一般的な有機栽培野菜を買う場合も同様である。

有機栽培は農薬を使用する。認定された生物由来の有機農薬ならば使えるからだが、有機農薬とて、虫を殺し菌を殺す。そもそも自然界から抽出したそのままのものを使うわけではない。

まずは栽培者のポリシーを訊く。どういう思いで農業をやっているのか、肥料や農薬へのポリシーはあるのか。

栽培者が信頼できるならば、化学合成されたものであっても、それほど心配する必要はない。一番不安なのは、誰が作ったか分からないという目隠し食材の方だ。

もちろん、僕は肥料も農薬も使用せずに、しっかりと管理しながら栽培している野菜が、身体にも環境にも一番良いと思っている。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=2486064384808052&set=a.124719820942532&type=3&theater

シェアする

フォローする