サプリメントの嘘、サプリ業界の裏…サプリメントには、添加物、粗悪な原料が一般的に使われていて、嘘が蔓延しています

サプリメントについて
リンク

嘘で塗り固められたサプリメントの内容表示

表示の嘘

サプリメントには、虚偽の表示が多いことをご存知ですか?
サプリメントには、添加物、粗悪な原料が一般的に使われていて、嘘が蔓延しています。
消費者が、ラベルからは気づけない製造過程上の問題もあります。
また、天然だから良いというわけでもありません。磁石にくっつくおそらく鉄粉入りの天然成分が使用されていたサプリもあります。小さな粒のサプリで、「天然成分で高性能」と歌っているようなものは、疑ってみる方がいいでしょう。

東京都が、毎年、試し買いで表示問題チェック(3月公表)をしていますが、2014年健康食品試買調査では、サプリメント125品目中、なんと表示が正しかったのは20商品のみで、105品目に不当表示などの法令違反がありました。特に、インターネットで購入した80品目中、表示が正しかったのは1品目だけで、79品目に問題がありました。

サプリメント市場がこのような粗雑な状態でも、チェックするシステムはなく、実際、誰かが気が付いてクレームを入れないと、動き始めないというのが現状です。また、表示や品質に問題が発覚しても、悪質で体に危険物質(毒素など)でない限り、取り締まりが入らないため、粗雑な現状が放置されています。

表示問題には、色々ありますが、良くみられるのは、
•記載されているだけの量が入っていない。
•記載されている栄養素が実際には入っていない。
•含まれている添加物などのすべてが記載されていない。

実際、工場で、含有量・成分量のチェックをしていない、つまり、通常の品質管理がきちんとなされていない場合が多いようです。

記載されている栄養素のリストを加算していくと、物理的に、明らかに、実現不可能なものまで販売されている実態がみえてきます。

次のような事実を見抜くことはできるでしょうか・・・?

(1)田村 忠司(たむら ただし)氏が教えてくれた「原料」のはなし

サプリメントの中には、一般の方の視点からするとビックリするような原料が使われていることがあります。
例えば、「アミノ酸」の原料として、人毛が使われているサプリメントもあるのです。

製造前の規格書を見る機会がある田村氏によれば、アミノ酸のサプリメント原料の規格書には、「原産国 中国」「原料起源 人毛」などと記載されていることがあるそうです。

「毛髪」が、アミノ酸生成のための安定的なタンパク源であることは事実で、日本でも戦時中などに毛髪を原料に醤油を作られたとも言われるので、感覚的な問題に過ぎないとも思えますが、本当の問題はそこではありません。

毛髪は、体にとって重要な「デトックス」としての役目を担っていて、魚などの食品に含まれる微量の水銀やヒ素などの有害重金属を、便や尿のほかに毛髪からも排出しています。

一番の問題とは、どの国のどんな環境の人々の毛髪かわからないという安全面の懸念なのです。

(2)田村 忠司(たむら ただし)氏が教えてくれた「原価」のはなし

例えば、テレビ通販で、10,000円のサプリがで売られている場合、ざっくりと6000円がテレビ局、2000円が企画会社の取り分、その残りの2000円がメーカーの取り分となっています。

品切れ絶対NGのため、大きいロット数で製造し、売れ残りはメーカー持ちです。そうなると、たとえ売れ残っても赤字にならない原価設定をしなければなりません。
つまり、原価は数百円しかかけられません。

その結果、消費者は原価の10倍以上の価格で、大して良くないサプリを購入させられるのです。

効用の嘘

サプリメントのパッケージに書いてある、効用を歌うキャッチフレーズは、売り手側の広告目的。実際の効能や品質とは無関係と理解してください。これらのキャッチフレーズは、無視したうえで、確かな知識と、実際の商品やメーカーのことをきちんと調べたうえで購入しましょう。

ドクター サプリの嘘

ドクターのサプリと書いてあるサプリメントにも、嘘が。
•有名なドクターが広告塔になってるだけで、開発や監修には全くかかわってない。
•実際にドクターが関わっていたとしても、ドクターの意思が反映されていない。
ドクターは、忙しかったり、工業用知識の不足などで、工場選びや材料選びなど細部にかかわっていないことがほとんどで、生産過程のあらゆる場面で手抜きが行われます。これは、ビジネスの生産現場は、売上利益にフォーカスがあるためで、チェック体制もあいまいな現状です。
場合によっては、工場側で発注の設計通りに作らず手抜きされたり、粗悪な材料、古い材料を使用するなど、原価を削られているケースもあります。医者は検証できない、またはしないことがほとんどのためです。

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=340832

シェアする

フォローする