Windows95、25年後たった今とんでもない裏技が明かされネット騒然

frt6まさかこれが2020年に明かされるとは。今年で45周年を迎えたMicrosoft(マイクロソフト)。それをきっかけに、今更ながらWindows 95に仕込まれたイースター・エッグが紹介されました。

・25年後に明かされた秘密。Windows 95には開発者たちの名前を見る裏技があった

どんなものかというと、開発に関わった人たちのクレジットが、ちょっとしたアニメーションで見られるというもの。発動方法が複雑で、「こんなん開発者しか知らんわ」というのもちょっとツボです。

この方法を紹介したのは、実際このOSの開発に関わった元社員ジェフ・パーソンズ氏。なんと、Windows 95のロゴ画面を作った方なんですって。

・Windows 95のイースターエッグ

やり方はデスクトップに新規フォルダーを作り、決められたファイル名を3回書き直すというもの。

最初はまず、「and now, the moment you’ve all benn waiting for」にします。次に名前をクリックして「we proudly present for your viewing pleasure」に書き直し、最後にもう一度「The Microsoft Windows 95 Product Team!」に直してフォルダーを開くだけ。

その後12分ほど開発者の名前が現れますが、日本人の名前もありますね。最後はユーザーに特別感謝の言葉も登場しました。また動画の説明いわく、美しい旋律のBGMは「CLOUDS」という題名があるものの、これはクレジットされていないのだとか・・

・誰も見つけてくれなかったという話かなw

・イイ話というより、何でも仕込めるのかという恐怖が勝る。悲しい。

・プログラムに開発者のメッセを仕込むって遊びは昔からある手法だけどこんなん見つからんわw

・このうち何人が今のマックロソフトに残ってるんだろうな

・やってみよう言われましても・・・・

・今稼働状態にあるWin95って寂れた開発部とかくっそ古い工作機械とか持ってるとこにしか無いだろ

・懐かしのゲーム実行用のスタンドアロンな端末とか仮想マシン上とかに残してる人は多少いるかも

・『FF4』でいうスタッフルームに入れる裏技みたいなもんですかね。

・98にあったのは知ってたがまさか95にもあったとは

・どうやったらこんなの見つけられるんだよwww

・もはやイースターエッグというより、リバースエンジニアリング摘発用の仕込みかというレベルだな。

参照:http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10284664.html

シェアする

フォローする