【クライシスアクター】新型コロナで「3回死んだ少年」

世界各国で猛威をふるう新型コロナウイルス。ついに感染者は200万人、死者は13.3万人を超えた(4月15日時点)。凄まじい感染力を持つこの謎多きウイルスはすでに3種類に変異したというケンブリッジ大学の報告もあり、予断を許さない状況が続いている。

■とにかく恐怖を煽るマスコミに疑問

 冷静に、正しく予防し、日頃から免疫力を高めることが何よりも重要だが、「マスコミの報道は恐怖と不安を煽りすぎではないか?」という意見も散見される。たとえば日本を代表する工学者、中部大学総合工学研究所特任教授の武田邦彦氏は、NHKをはじめとする日本のメディアの報道を疑問視し

つづき 

新型コロナで“3回死んだ”少年がいる!? 真の陰謀「クライシスアクター」の危険を医療関係者が力説、メディアの報道姿勢にも疑問!

https://tocana.jp/2020/04/post_152221_entry.html

シェアする

フォローする