減塩の嘘・・・高血圧=塩の取り過ぎというのは大嘘である。 これは医学者の間でもほとんどの人が指摘していない

減塩の嘘
 
高血圧=塩の取り過ぎというのは大嘘である。
これは医学者の間でもほとんどの人が指摘しておらず、大変残念なことである。
医学不要論においては西洋医学を否定するために、代替療法や食に伴う生命の輪や肉体の強靭化というのが重要なテーマになる。
高血圧や高コレステロール血症や糖尿病に代表される生活習慣病の場合、これらを最も重視するのは当然のことであろう。
また高血圧やコレステロールの基準がおかしいことも知っておいた方がいいだろう。
 
実は現在販売されている塩の大半は化学的に精製された「精製塩」であり、かなりヤバい加工がされた塩であるということをほとんどの人が知らない。
精製塩のほぼすべてが塩化ナトリウムで構成されていて、天然の塩が持つ様々な価値を残していないと言える。
これが日本人の血圧を狂わせてしまっている元凶の一つと呼べるものだ。
 
精製塩は人間にとって必須なミネラル分(カリウム、カルシウム、マグネシウム等)が殆ど取り除かれており、その結果体内のミネラルバランスを狂わせる。
逆に天然の塩は人体に必要なミネラルが多数含まれており、体に有益なだけでなく血圧もコントロールする作用を持つ。
いわゆる生体恒常性が保たれやすい。
日本では古くから血圧が高めの人が多く、塩も良質のものが多かったが、第二次世界大戦後にその塩の販売を規制してしまった。
なぜそうしたのか?それを常に考えねばならない。
 
こう書くと塩は一切血圧に関係ないかのように考える人もいる。
しかしたとえ天然の塩であってもあまりに取り過ぎれば害が出る。
ただ高血圧=塩の取り過ぎの塩は、一体何を指しているかを考えてほしいということだ。
それが精製塩の塩化ナトリウムである限り、正比例かそれ以上の関係で血圧は上がっていく。
天然の塩は大切なミネラル(微量元素)の源だが、例えば海の水を飲み過ぎても人間の生体恒常性は崩れてしまう。
だからたとえ天然塩であっても体の声とバランスは考えねばならない。
 
ここでいいたいのはまず精製塩を避ける努力をすることである。
それを天然の本当に価値のある塩にしただけで、今と同じ味付けにしても、減塩食など気にしなくても、大きくバランスを崩さなければ血圧は体が求める数値に近付くのだ。
私は子供の玄米食にごま塩を振って味付けする。
これは長崎原爆症の対策として施された有名な逸話があるからだが、子供がおいしいというし放射能の防御にもなるから実践している。
真の天然塩には高血圧だけでなく、そういう作用があることも人々は知らねばならない。

参照:https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=762361167585806&id=100014357893194

シェアする

フォローする