買ってはいけないブラック企業一覧・・・ワタミ、ユニクロ、すき家・・・・

買ってはいけないブラック企業♪

ワタミ(株)
26歳の女性社員森美菜さんの自殺が有名。1ヵ月の時間外労働が約140時間で人を使い捨てにするような企業、遺族をクレーマー扱いで低賃金労働の残業代未払いも有名、公職選挙法違反疑惑まで出ていて、介護や食品業界にも入り込んでいるが、もちろんコストしか考えていないブラック企業である。

ユニクロ
ユニクロの柳井といえば何人かから始まるが、日本を代表するアパレルであり、長時間の違法労働、やりがい搾取が有名である。名ばかり管理職にして残業代を払わない環境では、「3年で5割、5年で8割の離職率 」であり、柳井は超大金持ちでありながら一般人は年収100万でいいといえる典型的なブラック企業である。

楽天
物流の主軸企業といわれながら、ヤクザも真っ青なマージンビジネス企業形態で有名である。中堅社員でも平気でパワハラや異動で退職させ、人件費カットとコスト以外は興味のなく、扱う商品はどうしようもないものが多数存在する。あまりにも有名かつ使い捨て筆頭なブラック企業である。

ソフトバンク 
日本人じゃないセクハラマシーンのうわさも多い会長で有名な携帯会社だが、実は課金システムさえも違うぼったくり、在日優遇、光システムの不具合が多いうえ対応はずさん極まりない、日本人を虚仮にしたCMを作り、ロゴマークさえ反日で、私の経験上もうつみたいになる患者が多い、有名なブラック企業である。

すき家(株式会社 ゼンショー)
2008年4月牛丼すき家仙台泉店で働くアルバイト従業員3名が、株式会社ゼンショーに対し、未払いの本給、時間外割増賃金および紛失立替金の支払いを求めて裁判を提起したのが有名。団体交渉を拒否するくらい、人を使い捨てにするようなコストしか考えないブラック企業である。

SHOP99(現ローソンストア100)
元店長が、残業代なしの過酷な長時間労働で健康を壊したとして訴訟。SHOP99を運営するのは、コンビニ大手ローソンの完全子会社、九九プラス。コンビニ業界もまた人を使い捨てにしてコストしか考えないブラック企業である。
株式会社 すかいらーく
ガスト、バーミヤン、ジョナサン、夢庵、グラッチェガーデンズ、すかいらーくなどファミリーレストランを全国チェーン展開。中島富雄さん(当時48歳)が過労死で亡くなっている。訴訟で長時間労働と悪らつなやり方も浮き彫りになったブラック企業である。

富士通
富士通SSLは富士通の下請け企業で、2002年4月に新卒男性社員が2006年に急性薬物中毒で自殺。過労死であるとの労災認定がなされ、SEの使い捨てを露呈させた典型的な人を使い捨てるブラック企業である。

東京電力
福島第一原発事故を起こし事故対策を怠っていた張本人として、いまさら挙げるまでもない企業だが、労働という視点では、多くは正社員ではなく、派遣・日雇い労働者によるもので、5次・6次にわたる多重請負の構造があり、使い捨てともいえる雇用状態が続く典型的ブラック企業である。

居酒屋チェーン「日本海庄や」
親企業が全国に約860店舗の居酒屋チェーンを展開している。2007年に24歳の若者が過労死し、死亡前4カ月間の総労働時間は1カ月平均276時間で、時間外労働は平均112時間だったと認定された。裁判官に悪意とまで言われた典型的なブラック企業である。

ヤマダ電機
日本最大の家電販売業者だが、23歳男性社員が、過労の末に社宅で首を吊り自殺している。ヤマダ電機では社員に出勤時刻は打刻させていたものの、退勤時刻を打刻させておらず、自殺は労災認定されている。46人の店長が、厚生労働省の定めた「過労死ライン」(残業時間が月平均80時間)を超えているという典型的ブラック企業である。

タマホーム
「ローコスト住宅」を主力商品として扱うハウスメーカーで、SMAPの木村拓哉などの広告戦略で受注を増やしているが、2011年男性社員が過労で亡くなり、労災と認定されている。タマホーム側は原告の求めを全て棄却するよう求めているという典型的なブラック企業である。

株式会社不二ビューティ
「たかの友梨」は従業員1047人)、売上高160億円だが、
労働環境は過酷で1日に12時間程度働かされ休憩はほとんどなし。社長の髙野友梨氏が社員を詰問し出勤させなくなったのは有名な話で、行政指導もされている使い捨てブラック企業の代表格である。

他にもあるでしょうがこういうところで買ってはいけません♪。

https://www.facebook.com/kitigaii/photos/a.1822464901373070.1073741828.1822066864746207/2074638699489021/?type=3&theater

シェアする

フォローする