2018年02月一覧

NO IMAGE

依存症の本質:プライド、気概、正当性、正義感、善性などを見せかけているものほど、究極の依存症だといえる。

依存症の本質とは。 ジャンキーというのがヤク中のことを指すと思っている人が大半だが、ヤクを飲んでいる人のことだけさすと思ったら大間違いである。これは専門的に述べるなら肉体依存と精神依存の話になる。そして人類が持っている精神依存性とは、一体どんな行動を起こし、どんな反...

NO IMAGE

種子法廃止がもうすぐ実施。どうなる?・・・戦後日本の食料安定供給の精神的支柱でもあった「主要農産物種子法(稲/麦/大豆etc)」が廃止されることを知る人は少ない

〉戦後日本の食料安定供給の精神的支柱でもあった「主要農産物種子法(稲/麦/大豆etc)」が廃止されることを知る人は少ない。今年の2月に閣議決定されて4月に両院で議決され、18年4月には「種子法」が廃止される。 種子法廃止が去年はじめにスピード議決され、今年もうす...

NO IMAGE

放射能まみれ農薬まみれ遺伝子組み換え天国なのを知らない日本の消費者。 「国産農産物が安全」だと思っているのは日本人だけ

放射能まみれ農薬まみれ遺伝子組み換え天国なのを知らない日本の消費者。 「国産農産物が安全」だと思っているのは日本人だけ!? ・マドンナ『日本に安全な食材はあるのか』 ・食の安全に詳しい内海 聡医師も「東京五輪に向けて『日本の選手村の食の質を高める』というプロジェク...

NO IMAGE

マレー半島で狩猟採集民の未確認言語を発見、所有権を表す言葉がなく「共有」や「交換」といった語彙が追求された言語

マレー半島北部で暮らす狩猟採集民が、これまで未確認だった言語を使用しているという記事がありました。 興味深いのは、その言語には窃盗や売買など所有権に関する言葉がなく、共有や交換に関しては複雑な語彙を持っているということ。これは狩猟採集民のような共同体社会では、「土地...

NO IMAGE

【注目すべき書籍の紹介】維新の悪人たち 「明治維新」は「フリーメイソン革命」だ!・・・船瀬 俊介 (著)

維新の悪人たち 「明治維新」は「フリーメイソン革命」だ! 船瀬 俊介 (著) 国際秘密結社フリーメイソンが仕組んだ 「明治維新」衝撃の「真実」を暴く 維新に蠢く青い目のフリーメイソンたち 坂本龍馬もフリーメイソンに消された! アメリカ南北...

NO IMAGE

コーンシロップの危険性

「コーンシロップの危険性」 トウモロコシの高果糖シロップ(HFCS) 「毒」は、特に化学的な方法で、体へ傷害を与えたり、病気、果ては死に至らしめるという物質です。この定義でいくと、高果糖コーンシロップ(high-fructose corn syrup=以下HF...

NO IMAGE

風邪をひくのは何故なのか? 同じ環境にいても風邪をひく人もいればひかない人もいる。

風邪をひくのは何故なのか? 同じ環境にいても風邪をひく人もいればひかない人もいる。 これは一体どうしてでしょうね? 先ずは免疫力の低下が考えられますよね。 免疫力が低下するのはなぜですか? 体内に毒素がたまりすぎている場合。 気力が低下している時。 何かすっ...

NO IMAGE

農薬や化学物質が花粉の中に入り込んでいて、人間はそれにたいして、過剰に異物排除する。なんのことだかわかりますよね?そう花粉症ってこういうことですよ。

内海:「あのね・・・科学論だけど難しいことは考えなくていいんです。違ういい方をすれば、あなた方が考える免疫異常=アレルギー=異物排除亢進は、なぜ起こるんですかと聞いているんです。さらに違ういい方をすれば、どうして異物排除亢進が起きるんですかと聞いているんです。それは石鹸を...

NO IMAGE

アメリカでは、コメ、麦、大豆の新しい品種は、国ではなく、企業が開発している。開発した品種を日本国内に販売しようとすると、日本国内で安定的に供給されている現在の品種が邪魔になる。もうすぐ買う権利が奪われるよ。

「買う権利が奪われる」 コメ、麦、大豆は日本人のソウルフードである。主食は米、うどんやそばに使う麦、醤油や味噌の大豆。 これらを基本食品として、日本ではその品種を独占されないよう、あるいはより良い品種を安定的に供給し、守り続けようとして法律まで作られた。 ...

NO IMAGE

【注目すべき書籍の紹介】病を根本から治す 量子医学 -古くて新しい魔法の健康法-・・・小林 健 (著)

病を根本から治す 量子医学 -古くて新しい魔法の健康法 小林 健 (著) 素粒子レベルで診ることで、本来の素性力が蘇り、様々な病が根っこから癒される。 量子医学とは愛のエネルギーワークでもある! 全ての人が愛の波動を持てば、病は全て消える !? なぜ人...

NO IMAGE

糖質制限に意味はあるか?・・・コメや小麦といったデンプン質と砂糖を一緒にしてはいけない

糖質制限に意味はあるか 僕は常日頃から、糖質は皆同じではない、コメや小麦といったデンプン質と砂糖を一緒にしてはいけないと訴え続けてきました。砂糖は50%ブドウ糖であり、これは他のデンプン質が分解されてできるブドウ糖と体の中では一緒に働きます。しかし砂糖の残り...

NO IMAGE

【注目すべき書籍の紹介】花粉症は1週間で治る!・・・溝口 徹 (著)

花粉症は1週間で治る! 溝口 徹 (著) 「花粉症は1週間で治る!」の書評 溝口先生の新刊「花粉症は一週間で治る!」を献本いただきましたので、さっそく読ませていただきました。僕の感想を書かせていただこうと思います。 まずこの本は花粉症の患者を対...

NO IMAGE

天皇財閥・・・皇室による経済支配の構造と戦争:天皇家の財産規模たるや、我が国のGNPの5分の1に相当した。三井・三菱・安田・住友といった財閥を遙かに超え、他の財閥をすべて合わせたものの10倍もある

天皇財閥 皇室による経済支配の構造 リンクから、紹介します。(抜粋) 何ごとも経済的な裏付けがないと、権威も権力も成立しない。 新興宗教だって既成宗教だって、どこでも本山は大金持ちである。 同様に天皇支配だって、経済的な裏付けをもっていたのだ。 天皇...

NO IMAGE

「地球の磁場が反転しつつあることへの懸念」で世界は結構な騒動の渦中に。

地球の磁場が反転しつつあるとは、ネット上で見たりしますが、それが現実に起きるのか?気になります。表題の記事が『In Deep』に掲載されています。引用させて頂きます。 リンク (以下途中から引用です) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

NO IMAGE

【注目すべき書籍の紹介】セルフチェック&セルフヒーリング 量子波動器【メタトロン】のすべて 未来医療はすでにここまで来た! ・・・内海 聡 (著),‎ 内藤 眞禮生 (著),‎ 吉野 敏明 (著),‎ 吉川 忠久 (著)

セルフチェック&セルフヒーリング 量子波動器【メタトロン】のすべて 未来医療はすでにここまで来た! 内海 聡 (著),‎ 内藤 眞禮生 (著),‎ 吉野 敏明 (著),‎ 吉川 忠久 (著) 量子エントロピーを応用したメタトロンを実際に活用し、操作に...

NO IMAGE

インフルエンザワクチンに効果はない???いやいや、あるよ!・・・インフルエンザワクチンは他人への感染リスクを6倍にするww

インフルエンザワクチンの効果が全くないと言っていた人、 顔を洗って出直せ。 ワクチン接種すると人に染す効果が6倍以上! (意図しないワクチンの副作用500のうちの一つだそうだ。) 「 インフルエンザワクチンは他人への感染リスクを6倍にすることを新しい...

NO IMAGE

ガソリンと同じ石油精製物であるクスリは脂溶性であり、脳脂質は知らず知らずのうちに破壊されている。

薬ってね 脂溶性なんです。 それは、水溶性だと、門脈から肝臓に運ばれて代謝されて無毒化されてしまうからなんですよ。 脂溶性だと、脳の血液脳関門も通りやすいんです。 最終的には、肝臓で代謝されますが、一部は体内の脂肪細胞に入り込んで残り続けるのです。 特に...

NO IMAGE

記録的な寒い冬。ひと頃騒がれた温暖化問題とはなんだったのか?太陽活動は弱まり、地球はプチ氷河期に移行している。

中部大学教授の武田先生は「地球温暖化はアメリカの思惑によって大々的に公表された mag2ニュースより以下引用です リンク 今年は記録的な寒い冬。ひと頃騒がれた温暖化問題はどうなったのか? 今年の冬は寒い。埼玉県では観測史上最低のマイナス9℃を記録したり、雪も多...

NO IMAGE

【注目すべき書籍の紹介】日本の長寿村・短命村―緑黄野菜・海藻・大豆の食習慣が決める・・・近藤 正二 (著)

日本の長寿村・短命村―緑黄野菜・海藻・大豆の食習慣が決める 近藤 正二 (著) 長寿者の多い村と少ない村との衛生学的比較調査研究の為に、日本全国くまなく、990カ町村以上を歩き続け、現地探訪の記録をもとに話されたものを編訳。生命の尊さと、食物の重大さを...

NO IMAGE

【モンサント(バイエル)問題】種子法の廃止により、今後、本物の米、麦、大豆の価格は高騰し、私たちの周りから徐々に姿を消してしまうでしょう。「遺伝子組み換え」というモンスター食品を送り出し、我々人類をある意味、モンスターにしようとしている。

モンサント(現バイエルね)の農薬で いま現在の「自分たちのコトしか考えずに」 地球を汚し続けている方々がいる。 この1970年頃に誕生した農薬「ラウンドアップ」(が元祖ね)がその後、特許がきれ、ジェネリックとして「エイトアップ」「グリホサート」(農薬登録を取得し...