2017年12月一覧

NO IMAGE

癌の三大療法の意味:健康に見えた人が(放射線治療によって)私たちの前でぶるぶると震え、悲痛な吐き気に悩まされるのを見る時、私たちはほとんど救われない気がする。成功は劇的だがまれである。

三大療法の意味 私は放射線治療の専門家ではなく、どちらかというと代替療法をすすめるタイプの医師であることは思い出してほしいんですが、その上でも考えるべきことがいくつもあります。 いわゆる従来型の放射線治療については、私は一切の価値がないと断言します。ここでもユ...

NO IMAGE

一般の市販のおせち、ふたを開けてみれば、大量の砂糖、大量の食塩、大量の添加物のオンパレード食品でもあります。活性酸素発生や肥満の原因にはなるでしょう。

おせち料理 おせち料理は縁起物ですので、私もそれなりにいただきます。が、一般の市販のおせち、ふたを開けてみれば、大量の砂糖、大量の食塩、大量の添加物のオンパレード食品でもあります。(この時期に水をさすようで申し訳ないですが。。) 大量の砂糖が使用されるのは冷凍...

NO IMAGE

発達障害なんてこの世に存在しません。ちょっと言葉が出るのが遅い。ちょっとお話が好き。ちょっとおこりんぼ。ちょっと知りたがり屋。誰でも当てはまる医者が病気に仕立ててるだけ。

発達障害じゃないよ 発達障害なんてこの世に存在しません。 ちょっと言葉が出るのが遅い。 ちょっとお話が好き。 ちょっとおこりんぼ。 ちょっと知りたがり屋。 ちょっといろんなことが他の子と違うだけなのをいっしょくたに「発達障害」にしないでほしいのです。そ...

NO IMAGE

最近の病気の傾向:我々の世代はこれから先、すべてのツケを払わされて、一般の病院治療でさらにヤク中のドツボにはめられていくことでしょう。病気が増えていることもその原因も隠蔽されています。

最近の病気の傾向(非常に重要) 最近の病気の傾向を追うに明らかに増えていることがうかがわれます。その増えているものの代表が乳癌、子宮癌卵巣癌、血液系のガン、膀胱癌、腎臓癌など、本来それほど多くなかったものが増えています。また心臓病が間違いなく増えており発達障害が間違...

NO IMAGE

遺伝子組み換え作物(トウモロコシ)をマウスに食べさせると、オスのマウスでは皮膚に巨大な腫瘍、肝臓や消化管に異常が発生。メスでは2年後に50%~80%の確率で癌が発生。遺伝子組み換え作物で何が起きるのか??

遺伝子組み換え作物(トウモロコシ)をマウスに食べさせ続けると、オスのマウスでは皮膚に巨大な腫瘍が発生し、肝臓や消化管に異常が発生していた。そして、メスでは2年後に50%~80%の確率で癌が発生していた。 さらに生態系を破壊する 改めて遺伝子組み換えとは 以下引...

NO IMAGE

【砂糖 危険】砂糖は脳の報酬系に働きかける立派な麻薬の一つであり、マウスを使った実験ではコカインの14倍もの依存性を持っています。

ほとんどの麻薬性物質が食欲を抑制する方向に働くのに対し、砂糖は全く反対の効果を持っています。砂糖は脳の報酬系に働きかける立派な麻薬の一つであり、マウスを使った実験ではコカインの14倍もの依存性を持っています。 砂糖の甘み刺激は脳の報酬系に働きかけ、多幸感を生じま...

NO IMAGE

ワクチン 危険:人類史最強のインフルエンザ「スペイン風邪」、実はワクチンが原因だったがテレビや新聞では勿論報道されない。

これまで、人類にとって知られている中で最も多くの死亡者数を出したインフルエンザは、1918年から19年にかけて世界中で大流行したスペイン風邪です。 スペイン風邪といっても実際の発生源は、アメリカです。 当時、各国は第一次大戦中でその流行を報じませんで した。そ...

NO IMAGE

汚い油を子どもに取らせることはあらゆる病気の源になります。なぜなら人体の主要臓器のほとんどは油からできているからです。

汚い油を子どもに取らせることはあらゆる病気の源になります。なぜなら人体の主要臓器のほとんどは油からできており、また水以外で最も組成比が高いのも油であり、ホルモンなど重要な物質の原材料となるのも油であるからです。最も汚い油の代表格がトランス脂肪酸かと思われます。トランス...

NO IMAGE

【健診 危険】検診を受けると早死にするというのはもはや常識。人間ドック?日本にしかないよ。

検診を受けるスバラシイ日本人♪ 検診を受けると早死にするというのはもはや常識ですが、スバラシク情報通な日本人の為にいくつかの根拠を提示しておきましょう。しかしそもそも重要なことは根拠というのは何もあてにならないことです。なぜなら根拠やデータはいつも捏造、操作、ごまか...

NO IMAGE

日本人が知らない太平洋戦争の大嘘。太平洋戦争は、日本が始めた戦争じゃない。あのアメリカの『狂人・ルーズベルト』が、日米戦争を起こさせた

国際政治学者・藤井厳喜の講演録 日本人が知らない太平洋戦争の大嘘より以下引用です リンク 講演録詳細 1946年(昭和21年)5月3日、東京。 元アメリカ大統領ハーバート・フーヴァーと連合国軍最高司令官マッカーサーは「太平洋戦争とはいったい何だったのか」を...

NO IMAGE

買ってはいけないもの一覧:正露丸、発がん性陽性反応が認められた生薬を使用している。などなど

買ってはいけない 昔、大流行した本に「買ってはいけない」ってのがありましたよね♪。それに対抗して「買ってはいけないを買ってはいけない」とか、業界の必死さとショボサが伝わってきてサイコーでしたが、皆さんはお読みになったことありますか♪。すこしその内容に触れてみたい...

NO IMAGE

【9.11の嘘】9・11で破壊された第3のビル「WTC7」。飛行機など突っ込んでいない。WTC7爆破解体に関わったCIAエージェントが暴露

自らの悟性に背を向ける人たちへ。 常識と良識で考えれば、誰でもすぐにわかることを、わかろうとしない人たちのなんと多いことか。 年内に覚醒し、新しい年を迎えて欲しいと思うばかりだ。 この世には、多くの”気づき”のきっかけがあるが、最も簡単なものが、WTC7...

NO IMAGE

子どもに精神薬を服用させるなど、狂気の沙汰。医猟はカネ儲けのために子どもさえを餌食にする

子どもに精神薬を服用させるなど、狂気の沙汰ですよね。 そう言うと、子どもの様子を知らないから言えるんですとか、薬で抑えていると大丈夫なんですと言う方もいらっしゃいますよね。 薬が危険だということは知っているけどどうしようもないんですと言う方も。 医学を否定するんです...

NO IMAGE

世の中には「病気治りたくない!病」という病気すら存在している。

病気治りたくない!病という病気。について。 治らない人たちの特徴 当院や合宿に来てクスリをうまくやめれた人は沢山いるわけですが、その一方で当院から逃げたりいったんクスリはやめたものの、また再開してしまう人たちが一定数います。これは将来も絶対に減らないだ...

NO IMAGE

まさかサンタクロースがプレゼントをくれるおじいさんだと思っている人はいませんよね。そもそもサンタは単純にサタンを入れ替えただけ子供をさらう悪魔ですよ。

基礎に戻ってクリスマス 毎年出していることなので、まさかこのウォールを見ている人に、いまだクリスマスがキリストの誕生日で、サンタクロースがプレゼントをくれるおじいさんだと思っているグーミンはいませんよね♪。そもそもクリスマスは悪魔崇拝であるキリスト教を広げるための口...

NO IMAGE

クリスマスは悪魔の祭典って知ってますか? 女子高生の都市伝説ではなく、本当の話です。 キリスト教とは全く無関係です。ニムロドとは??

クリスマスは悪魔の祭典って知ってますか? 女子高生の都市伝説ではなく、本当の話です。 キリスト教とは全く無関係です。 おばあちゃんの頃はクリスマスは無くて年末に恵比寿さまに扮した人が家々を巡るような行事だったそうですよ。 クリスマスみたい...

NO IMAGE

発熱は、敵か味方か:ウイルスや細菌などの微生物が体内に入り、攻撃してくることがあります。では、ウイルスなどの攻撃を受けたとき、なぜ人は発熱してしまうのでしょう

発熱は、敵か味方か 何度以上の体温を発熱というのでしょうか?日本人のワキ下の平均値は36.89±0.34℃ですが、体温には個人差がありますので、いちがいに何度からと決めることはできません。それぞれの人が、元気なときの平熱と、その振れ幅(日によってまたは時間によっての差)...

NO IMAGE

【北朝鮮問題】ロシア「北朝鮮の核兵器を非難するが、アメリカが一番あぶない核兵器をばらまいている。それを先に何とかしろ!」アメリカは、イタリアやトルコなどの一部の国に、およそ200発の核弾頭を保有している。

何故、大国以外核兵器を持ってはならないのか?その理由は全く分からないが、 それ以上に、北朝鮮の核兵器危ないと騒ぐアメリカだが、たぶん日本にも、各国にもアメリカは、核兵器を配置している。 さらにNATOの欧州にも多数の核兵器を持ち込んでいる。 その数、20...

NO IMAGE

ヒラリー・クリントンのバックにはイエズス会がいる。イエズス会ほど欧米諸国の諜報機関に入り込むことができた組織は他にない。

イエズス会ほど欧米諸国の諜報機関に入り込むことができた組織はありません。彼等は最も重要な情報を得たものがボスになることを理解しています。ヒラリーと副大統領候補のティム・ケインはイエスズ会に選ばれた政治家・・・ 日本や世界や宇宙の動向より以下引用です リンク ヒラリー...

NO IMAGE

「ブラック部活」は教師も生徒も地獄なのになぜなくならないのか

長時間の厳しい練習で教師や生徒を追い詰める「ブラック部活」。なぜ、教育現場であるはずの学校で“ブラック”な状況が発生するのか。体育学者で早稲田大学准教授の中澤篤史氏に聞いた。 ■教師も生徒も追いつめられる!誰も幸せでない“ブラック部活”の現状 「ブラック部活」...