2017年05月一覧

NO IMAGE

「お金」という動機が、お金をたくさん集めたいと言う欲望が、原発の甚大な危険性を凌駕するんだよ。人間の命や健康や人間の生活を支えているこの大自然(大気、大地、海、あらゆる動植物)を破壊しても、汚染しても自分の欲望であるお金を集めることを優先してしまう。そのような、愚かな人達が、原発を推進している。

D:最初の方で、「原発の目的は、発電じゃない!」と言ってたけど、なんだか、わかってきたような気がする。表面上はインフラとしての発電所の顔をしてるけど、なんだか、違うね! F:たとえば、「発電」って何か?考えてみようよ・・。簡単に言ったら、磁石の近くで金属を動か...

NO IMAGE

安倍政権を陰で操る「日本会議」。さらに日本会議と連携、関与している神社本庁と生長の家。田布施システムと神社系列が合同して政治を牛耳っている

日本の著名な政治家にはなぜか山口県出身の者が多いのは最近よく知られるようになり、田布施という地域名もよく目にするようになりました。 その田布施勢力を陰で動かしているのは右翼思想団体「日本会議」であり、さらに日本会議と連携して神社本庁と生長の家教団が存在している。 ...

NO IMAGE

ファミレス ドリンクバーのコーヒー:もはや添加物まみれで、コーヒーでも飲み物でもない。食品添加物のリン酸塩(増量剤)をコーヒー粉に混ぜると、抽出増量作用でコーヒーが何倍もできる

安いものには訳がありますよね。コスト削減、効率化優先で、我々は高度経済成長に突入し、いろいろなものが捨てるほど溢れかえって、余剰を抱えて、パンクし、右往左往しているのが現代社会です。 物質の余剰は、ある意味、我々の生き方の選択肢の幅を広げたと思います。食うに困らない余裕が入...

NO IMAGE

【水道事業の民営化】ロスチャイルド系列、フランスのヴェオリア社がすでに日本の水道事業に入り込んでいる。生命にかかわる水を牛耳られたら、もうどうしようもない。

石油か?水か??? 一昔前の高度経済成長期でしたら間違いなく「石油」を制するものが世界を制すると、誰しもが疑わなかったでしょう。 しかしながら現在では逆転しています。これからは水を制する者が世界を制することになります。 日本は水資源豊かな国であるため自覚するのは...

NO IMAGE

「テレビを持っていれば支払い義務は生じる」というNHKの主張は裁判で否定されている。NHK受信料は契約書がなければ支払う必要はない。

NHK側が「存在しない契約書」をあたかも存在しているかのようにふるまい、バレて裁判で負けた話の紹介です。この裁判で、「テレビがあっても契約書がなければ受信料を支払わなくても良い」と、判断されている。 それはそうと、そもそもNHKの存在意義とは何なのか??原点にかえって考える...

NO IMAGE

新型の電力メーターである「スマートメーター」:”スマートメーター”で「不眠」「頭痛」「めまい」「耳鳴り」「吐き気」が発生し、世界では反対運動が起こっている。あなたの身体は大丈夫だろうか?

スマートメーターをよく見かけるようになってきましたね。わたしの宅はまだ旧型のアナログメーターですが、新型のスマートメーターへの移行を促されるのも時間の問題でしょう。 スマートメーターの電磁波問題がネット上で話題ですがどうなのでしょうか?? 海外では電磁波対策として、高...

NO IMAGE

母子手帳:アメリカで全国酪農協議会がつくられたのをきっかけとして政治家と乳業が癒着し、乳業が保険指導にタッチするようになっていきました。 アメリカではそれから病気がどんどん増えましたが、牛乳の消費をさらに拡大するために1930年に「母子手帳」を作ったのです』 そのアメリカが日本に母子手帳を作るように言ったのですね。

母子手帳には闇があることはかなり有名ですね。 アメリカでの牛乳協会と政治との癒着。 私が子供の頃も、牛乳を飲まなければ健康になれない、骨や歯が脆くなる等、なかば脅しとも言えるくらい家庭や学校は、牛乳妄信状態でした。今はどうなのでしょうかね? しかしながら、実体験...

NO IMAGE

これまでにタミフルを服用した計3200万人のうち、日本人は2400万人。日本が世界の8割以上を占めている。薬の備蓄をはくためにインフルエンザが流行ることを期待している?:治療薬『タミフル』の利権・・・税金→タミフル備蓄費用→製造元スイス製薬大手ロシュ社は特許料をギリアド社へ支払い→1997~2001年、ラムズフェルド国防長官はギリアド社の会長

日本は世界におけるクスリの在庫処分場です。 ワクチンしかり、ケムトレイルしかり。 ごくわずかの支配者層は、インフルエンザにかかってもらいたいのではないのか?? 【日本しか買わない「タミフル」という薬】 これまでにタミフルを服用した計3200万人のうち、日本...