2016年02月一覧

NO IMAGE

フリーエネルギーへのヒント 宇宙エネルギー 地球磁気共鳴2.8GHz

テスラコイルを自作して空中の電波から4Vの電圧を取り出したとか、ネット上にはいわゆるフリーエネルギーの話題が多く見られるようになってきました。 フリーエネルギーを“詐欺”扱いする声も聞かれますが、無から有を生み出すわけではなく、これまでの化石エネルギーや核エネルギー以外の方法で自...

NO IMAGE

TPPの重大欠陥を主権者に拡散しなければならない(植草一秀の『知られざる真実』)・・・ISDS(投資家対国家紛争解決)とは

TPP違憲訴訟の口頭弁論が開かれ、原告による意見陳述で、TPPによって主権者の基本的人権が侵害されること、TPPが日本の国家主権を侵害するものであることなどが、具体的に指摘された。 TPPの重大問題、弊害を国民は知るべきとの考えは納得できます。 植草一秀の『知られざる真実』リンク...

NO IMAGE

ノーベル賞級の発見と騒がれた、重力波・・・実は重力波はウソである。

つい最近の新聞記事に「アインシュタイン予言実証(空間の歪検出):ブラックホール合体時の重力波 新たな天文学幕開け」の大見出しの記事がありましたが、現代、相対性理論の矛盾を多く言われている中でこのような新聞記事に違和感を持ちました。 ブログ「心に青雲」の記事を引用します。 ____...

NO IMAGE

常温核融合は本当だった ~量子論誕生から1世紀、ふたたび科学の革命(常温核融合)が始まった

量子論誕生から1世紀、ふたたび科学の革命(常温核融合)が始まった。との副題を持った「21世紀物理学の新しい公理の提案」リンクに『常温核融合は本当だった。その15』の記事がありました。 本当にフリーエネルギーの時代の到来を予測できる記事が満載です。 ________________...

NO IMAGE

国民の健康を人質にとった偏向報道の一例~「朝食抜き」で脳出血リスク!?ー報道の恐ろしさを感じる~

限られた条件下での検証によって導き出した(こじつけた)結果をもとに、人の健康を人質にとって偏った認識を植え付ける。これは報道ではなくもはや洗脳か… *****以下、新発見。BLOGより引用 「朝食抜き」で脳出血リスク!?ー報道の恐ろしさを感じるリンク 朝食抜きで脳出血リスクが36...

NO IMAGE

血圧・・・現代の病気は人為的に作られている

●「高血圧」のまやかし 高血圧症は、全国で約4000万人の患者がいると推定されており、日本最多の病気です。 その高血圧症患者に処方される降圧剤(血圧降下剤)は、血圧を下降させる目的で使われます。降圧剤を服用している方は日本中で3000万人を超え、降圧剤ビジネスの市場は1兆円規模に...

NO IMAGE

自然農法・・・無農薬には農薬よりも危険な薬品を使ってる??本当だろうか??

前回の記事「安全のための無農薬なんて『馬鹿のすること』?」では、無農薬農家の4つのタイプを挙げました。 (1)農薬を危険だと考え、安全な農作物を作ろうとする農家(2)高収益を得る手段として無農薬を選択する農家(3)自分の栽培スキルを高めようとする農家(4)生き方、ライフスタイルと...

NO IMAGE

メーソン、イルミナティたちは肉や市販のものは食べない

増川   アメリカでは「犬も食わないマクドナルド」と言っているものを、毎日常食している男性や子どもがいますね。フライドチキンですが、あれは遺伝子操作した4本足チキンですよ。ケンタッキーフライドチキンでは、すでに20年前から4本足のニワトリです。私の知っているユダヤ人の一族は、昔か...

NO IMAGE

驚愕の事実・・・STAP細胞は一般家庭でも容易につくれる

実は、STAP細胞は簡単に御家庭で作れるのです。もともと熊本大学で研究され、理研に委ねられたそうで、素になった培養液は「玄米乳酸菌」。小保方さんは、偶然的に(言われるままに)その培養液でのSTAP細胞分裂に成功する。そんなもの作られては、医薬品業界の一大事!あわてて封印されました...

NO IMAGE

白血病で息子を亡くした医師の語った抗がん剤治療の実態

 白血病で息子を亡くしたことをきっかけに、生薬によるがん治療を研究し始めた医師 丹羽靱負氏による、抗がん剤治療の実態です。  非常に生々しい現実が見えてきます。  以下サイト「現代医療の限界とクスリの副作用」(リンク)から引用します。 ■ ■ ■ 以下引用 ■ ■ ■  当時、京...

NO IMAGE

『小児甲状腺がん「数十倍多い」フクシマ

昨日福島県の子供の甲状腺の病変に関する最新発表が行われたが、事故か4年目の比較的被害が小さい時期にも関わらず、早くも200人程度の小児甲状腺がんが発症している。 報道では、数十倍多いとされているが、全国と比較すれば100倍、被害が本格化する5年目には、更に数十倍に跳ね上がる危機的...

NO IMAGE

さいたま市と同じ線量のウクライナでは次世代として生まれてくる子どもで、健康な子は6%であり、94%は何らかの障害をもって生まれてきます。

これから先の放射能被害(重要)甲状腺がんは通常の300倍に増え、各都道府県の国公立医師会病院の統計で、白血病が昨年の約7倍になったことが報じられています。日本医師会会長原中勝征その他関係者は、原発事故との因果関係は不明とぬけぬけと主張していますが、統計をとりはじめた1978年以来...

NO IMAGE

体内の放射能除染に有効な食材・・・菊芋

こんな情報がネットで流れてきました。 是非是非検証したいものです。 自然界はやっぱり人の想像を超えているものが存在します。 ■ 菊芋が放射能排出にとても有効 金玉カフェ店員ブログ リンク より 菊芋が放射能排出にとても有効 だいう情報です。 以下、抜粋です。  最近知りあったロシ...

NO IMAGE

初代天皇は金良琳(キンリョーリン)ではないのか?

サーディンキューからの引用リンク ★実は日本人の誰も本当の日本史を知らない!受験日本史やNHK日本史は明治からの偽史である皇国史観を土台にした「今だけ通じている共同幻想」にすぎない。さて、真の日本史を知る第一の鍵は、 1、倭国からどうして日本という国に国号が変わったのか? 2、4...

NO IMAGE

子供がお小遣いで買える値段のキャンディーを販売して子供の味覚と嗜好を変えて一生逃れられない砂糖漬けにした。「ビッグ・シュガー」

中村陽子の都会にいても自給生活リンクより転載します。 ---------------------------------- ~前略~ ●砂糖の健康への害や都合の悪いことを隠す圧力団体 砂糖産業は砂糖を売るために結束し、やがてそれはイギリス最初の圧力団体として活発にロビー活動(政治...

NO IMAGE

ワクチンは害悪でしかない。予防接種法の歴史。

1947年日本ではGHQの指導の下予防接種法が定められました。罰金で接種を強制するけれど、事故が起こっても保証する仕組みがないとういう世界に例がないほどの強制力を持った法律です。その年の11月に京都市、島根県東部で実施されたジフテリアの予防接種で、80数名の1~2歳児が死亡、重篤...

NO IMAGE

かって大手新聞が「人工地震」を報じていた・・・人工地震は陰謀論などではない、実際におきている。

なぜ『読売』なのかは判りませんが、一般紙で『人工地震』が報じられたことに驚きます、そして今緘口令がひかれている。これは『人工地震』が陰謀論ではなく事実であることの証左でもありましょう。リンクより転載 ************ どうやら「人工地震兵器」なるものは、太平洋戦争中から存...

NO IMAGE

ワクチンは効かない。それどころか、害悪でしかないのだ。

天然痘の予防接種が防いだというのは大ペテンで、種痘を大幅に増やしたのはすでに常識ですが、ワクチンで病気が広がったのはそれだけではございません♪。たとえばジフテリアの予防接種では、ドイツなどで戦前からジフテリア等の強制的予防接種を採用していました。ところが1939年、ナチス政権時代...

NO IMAGE

若山照彦・山梨大学教授は論文撤回呼びかけ後にSTAP細胞を移管契約していた!

>驚くべき事実が解った。若山照彦・山梨大学教授はSTAP細胞論文撤回後に、理研から山梨大学にSTAP細胞群を移管させ、その譲渡契約書に捺印していたのだ。若山教授が「論文の画像に不正があった」と論文撤回を呼びかけたのが2014年の3月10日。そして、理研の調査委員会がSTAP...

NO IMAGE

政治・経済から庶民の目をそらすための愚民政策・・・3S政策とは??

今年に入って、芸能関係の大きなスクープが立て続けに起きています。 タレントのベッキーとロックバンド「ゲスの極み乙女。」のギターボーカル川谷絵音の不倫、国民的アイドル「SMAP」の解散騒動、それに続いて政界では甘利氏の不祥事・・・。ちょっと大きなスキャンダルが続きすぎだと思ってい...

NO IMAGE

原発がどんなものか知ってほしい~;内部被爆が一番怖い・普通の職場環境とは全く違う

原発がどんなものか知ってほしい 平井憲夫さんより以下紹介引用です リンク 8.内部被爆が一番怖い  原発の建屋の中は、全部の物が放射性物質に変わってきます。物がすべて放射性物質になって、放射線を出すようになるのです。どんなに厚い鉄でも放射線が突き抜けるからです。体の外から浴びる外...

NO IMAGE

向精神薬は麻薬、覚せい剤と同等である。医療業界に莫大な利益をもたらしている。

向精神薬は、数多ある薬の中でも、被害が最上級に凄まじく、その分、医療業界や製薬業界の利益も凄まじいということです。今、内科や整形外科などでも、安易に処方されている向精神薬ですが、この種の薬は、基本的に麻薬や覚醒剤と何の違いもありません。化学組成的にも同じような物ですし、作用と作用...