2015年11月一覧

NO IMAGE

牛乳の害と母子手帳について

戦後になって日本に根付いてしまった毒の代表格が「牛乳」ですが、牛乳を子供に与えるなどということはまさに子供を虐待しているに等しい所業です。これは母乳を与えるなといっているわけではありません。仮に母乳の出が悪いなら人工乳を使うこともあり得るかもしれません(この調製粉乳の中身が昨今最...

NO IMAGE

砂糖の消費量、砂糖は覚せい剤みたいなもの

皆さんは普段どれだけの砂糖を摂っていますか。砂糖や異性化糖などの糖類は、人間にとって全く必要が無いばかりか、過剰摂取でむし歯やガン、心臓病なども引き起こす非常に危険な物質です。しかも依存性も強力であり、アメリカでは砂糖の依存性はコカインと同等といわれています。まさに百害あって一利...

NO IMAGE

現代社会にみる安全な水とは

日本の水道は塩素消毒されており、それにより感染症のリスクは激減しましたがかわりに新たな病気の源となりました。それが現代病でありアレルギーなどであり動脈硬化性疾患です。アメリカでは古くから塩素と粥状動脈硬化の関係が示唆されていましたし、アメリカのJ・M・プライス博士は、「塩素がアテ...

NO IMAGE

パリ同時多発テロは300人委員会の命令で実行された“仕掛け”

パリの同時多発テロはISISを利用した自作自演テロだったことが分かっていますが。。。フランスは威勢よくシリアに戦闘機や空母を送り込み対ISIS戦争を演出しています。今後、ロシアと共にアメリカやNATOも対ISIS戦争に参戦しシリアを完全に破壊することになるのでしょうね。既にアメリ...

NO IMAGE

福島原発事故の5年後からはじまる日本人の悲劇

今の日本国民の中にこの事態を当事者としてとらえられている人はどのぐらいいるのだろう?多くの人にとってはどこ吹く風に成り果てているのではないだろうか。対象世界を広げ、主体的に事実の収集をしていかなければ、もはや自分の命さえ守れないのだ。*****以下、新発見。BLOGより引用ショッ...

NO IMAGE

ガストン・ネサンのソマチッド新生物学に学ぶ~病気はソマチッドの形態で予測できる・ソマチッドは免疫機構が弱まると異常をきたし、それは製剤で回復することができる

今回はソマチッドは十六の異なる形態をもち、それを見れば病気を予測ことができること。そして、その異なる形態のサイクルはクスノキが産出する天然の物質カンファー(樟脳)を原料に製剤したものをリンパ注射すれば回復することができるという内容をまとめます。------------------...

NO IMAGE

オバマがあなたに知って欲しくないイスラム国に関する26項目

【アルカイダの歴史的起源】1.米はほぼ半世紀、アルカイダとその関連組織を支えてきた(ソ連のアフガン戦争の全盛期以来)2.CIAの訓練キャンプは、パキスタンに置かれた。1982年から1992年10年間では、イスラム諸国からジハード主義者が募集され、アフガニスタンのジハードで戦うため...

NO IMAGE

パリ同時多発テロ イスラム国とフランスの空爆

フランスの空爆により小学生28人が死亡。いまだにイスラム国はヤラセだと知らない人が多くて辟易しますが、そうやって知らない、無関心、浅い嫌中嫌韓などがこういう悲劇を生み出していきます。フランス軍の戦闘機がイラク北部モスルの東部にある小学校を空爆しました。建前はテロ組織イスラム国が犯...

NO IMAGE

水選びについて

水道水による発ガン危険性としてはトリハロメタンが有名ですが、まだ許容量が大きく、水質基準によって厳密に規制されているということがあります。トリハロメタンよりも発ガンの危険性が高いのはヒ素かもしれません。しかしヒ素も水質基準によって厳しく規制されていますので、じつは水道水が危険であ...

NO IMAGE

海外のワクチン強制事情

ワクチンに効果ないことや、様々な副作用や後遺症をもたらすことはもはや常識ですが、海外ではロビー活動が展開されネット上もワクチン強制一色になっています。そしてずっと審議されてきたオーストラリアの案件、予防接種を拒否する家庭には児童手当を支給しない法案」が可決承認され、来年の元旦から...

NO IMAGE

注目すべきフリーエネルギーの紹介

フリーエネルギーは実現するのか?注目の発電装置と、その最先端にいる人物たちの紹介。==================■QEG:Fix the Worldチームが2014年3月に開示した量子エネルギー発電機。QEGはテスラのパブリックドメインの設計に基づいており、信じられないほど...

NO IMAGE

人類の視力の限界は?

つい1万年前まで洞窟に隠れ住んでいたであろう人類が、暗闇の中でどのように仲間の表情を読み取っていたのか?焚き火の炎、開口から差し込む外光、驚異の視力(暗視)など考えられるが。現在でもアフリカのマサイ族などは暗視能力や遠距離のものを識別する視力を持ち合わせているらしい。おそらく、始...

NO IMAGE

癌の手術後、長生きした癌患者は、抗がん剤をまったく使用しなかった人!

●癌の手術後、長生きした癌患者は、抗がん剤をまったく使用しなかった人!しわ寄せが来た患者さんたちが、どのように求めて、どうアドバイスをしたら良いのか、いろいろな意味を含めて、癌患者の人達に会いに行きました m(__)mそれはもう大勢の人が、癌患者として余命を宣告受けた人で溢れてい...

NO IMAGE

抗がん剤乱用の真の理由

腫瘍が少しでも縮小すれば、抗がん剤は有効とされます。4%の死亡率などと言われても、実際はもっと高いと考えねばならないでしょう。抗がん剤は通常、他の製品と併用されるため、単独での使用よりも副作用が強くなっています。患者さんの体力が回復した時点で抗がん剤を使用し始めれば、体力の低下は...

NO IMAGE

不死身のソマチッドを構成するのは、燐酸基と水分子と中心核金属

赤血球は他の細胞に 転換する時、ソマチッドから、ある一定(波長)の電磁波エネルギーを受け取る。一般細胞が赤血球に戻る時には、別の波長の電磁波エネルギーをソマチッドから受け取る。つまり、赤血球→一般細胞に転換させる電磁波動、一般細胞→赤血球に転換させる電磁波動をソマチッドが外界(宇...

NO IMAGE

「腹六分目」の少食で、動物が癌で死なない体になった

医者が癌になった際、9割以上の方が西洋医療では無く民間療法を選択すると言います。民間療法には「食事療法」 「温熱療法」 「オゾン療法」 「ビタミン療法」などなど沢山種類があります。中でもはっきりとした効果があるとされ最近注目を集めているのが「食事療法」というより少食療法といった方...

NO IMAGE

水は、生命に必要なものではなく、生命それ自体である。

生命とは何か?私たちはその根幹部分をDNAであると考えたり、たんぱく質であると考えたりしています。しかし、ソマチッドのように、たんぱく質よりずっと小さい物質がその根幹に近い部分の働きをしている可能性があります。そして、「水」なのですが、水は単に水素と酸素の原子がくっついたものとい...

NO IMAGE

癌とファスティング(断食)療法

 「癌」という字をよく見れば,「病だれ」に「品物」の「山」。 つまり──食品を,山ほど食べれば,癌になる──という戒めなのです。 『かんたん「一日一食」!!』(船瀬俊介著,講談社文庫,2015年8月初版)のP.306.からの引用です。散歩がてらの書店でみかけ,タイトルをみて,この...

NO IMAGE

医療は『医猟』、闇の医療ビジネス

医療は一番利益をあげられるビジネスです。タダの献血が700万以上に化けたり、毒ガスが元の抗がん剤一本が40億円などが日常茶飯事であり、医療費は2014年末で40兆を越えました。税収が40兆に対し、医療費が40兆。その七割が保険が負担という現状。これを分かりやすく言うなら、「月々の...

NO IMAGE

マイナンバー 公的書類に記入しなくても、特に問題なく社会保障を受けれる

事業者も頭が痛い『マイナンバー』。 源泉徴収票や支払調書に特定個人識別番号(略して個人番号)を記載する欄ができるため従業員の個人番号を集めて記載しなければならない(らしい)。 すでに従業員の扶養控除等(異動)申告書には個人番号の記載欄があるものが届いている。従業員の家族の個人番号...

NO IMAGE

農薬汚染が化学汚染の元凶~サンキストの輸入レモンは環境ホルモン農薬漬け

サンキストの輸入レモンは環境ホルモン農薬漬け――欧州調査で4割がNG、日本ではなぜか農薬が「食品添加物」として認可サンキストのレモン。4種類の農薬が「防かび剤」として使用されている。そのうち2種類は、環境ホルモン作用がある。妊娠中は特に要注意だ。環境ホルモン研究の世界的権威である...

NO IMAGE

今や大手メーカーもフリーエネルギー開発に乗り出している!?~フリーエネルギー市場化がもたらす恩恵~

つい先日、ケシュ財団がフリーエネルギー装置の販売を始めたこと(308803)からも、もはや「フリーエネルギー」とは現実味を帯びた一大市場になるのかもしれない。このフリーエネルギーが市場化されれば、これまでの利権構造や金貸し支配構造をも壊せるようなパラダイム転換だということも認識し...

NO IMAGE

たまり続ける日本のプルトニウムに募る懸念 ~原発再稼働で指摘される別の問題~ 原発産の核兵器とは?

「(原発からできる)プルトニウムの核拡散リスクを過小評価しているのが、いまの日本。このままいけば、日本が掲げる非核政策にも国際社会から疑念が高まりかねない」こう話すのは、長崎大学核兵器廃絶研究センター長の鈴木達治郎氏。昨年3月までの4年間、内閣府原子力委員会の委員長代理を務めるな...

NO IMAGE

やまとことばでよむ「古事記」 ~自然の摂理を観念力で言葉化した「やまとことば」と視覚化された支配者の為の文字

「古事記」の国産みの段はイザナギとイザナミのあけすけな濡れ場だけがむやみに注目されているが、古事記が男女のそれになぞらえて語らんとするのは「陰と陽の誘い合い」である。生物の繁殖はもちろん大地に雷が落ちるのも、月の満ち欠けも、原子構造も、そのほかの全ての物理現象は陰陽(±)に拠ると...

NO IMAGE

「太平洋戦争」は米国がしたくて仕掛けた戦争だった ヘンリー・S・ストークス

外国特派員協会重鎮が反日中韓の詐偽を暴いた ヘンリー・S・ストークス(著)◆戦勝国史観を受け入れる愚長い取材、調査の結果、はっきりと断言できるが、いわゆる「南京大虐殺」などというものは、明らかに中国のプロバガンダだ。共同通信のインタビューでも述べたが、南京で大虐殺などなかったので...