農薬一覧

NO IMAGE

「虫食い野菜は農薬が少ない」は誤解だった

【 「虫食い野菜は農薬が少ない」は誤解だった 】 虫も食べない野菜は農薬たっぷりで怖い、虫食いのある野菜は農薬が少ない“安全の印”……。そう思っている消費者の方々は多いことでしょう。農家である私も以前はそう思っていました。ところが、それは大きな誤解だったのです。 ...

NO IMAGE

白菜にできる黒い斑点はポリフェノールの一種で食べて問題なし。重要なのは「なぜ黒い斑点ができるのか」である。硝酸態窒素とは?

白菜のはん点 今年は10月の台風上陸以降、野菜の高騰化が続いていますね。特に、白菜やレタス、そして葉もの関係は年末まで高値が続く見込みです。 さて、この時期、たまに見る白菜の黒い斑点ですが、これはポリフェノールの一種です。だから、食べても全く問題はありませ...

NO IMAGE

【小麦 危険】添加物まみれの危険なパン。輸入小麦は収穫直前に除草剤ラウンドアップを散布。腸内細菌の不均衡が生じ病気につながる。

「グルテン過敏症やセリアック病の原因」 僕は小麦農家であるが、小麦はグルテン過敏症やセリアック病の危険性があるとよく言われる。もちろんそうだろう。現実にグルテン過敏症の患者がいて、パンなどを食べると病を引き起こすことがある。 しかしながら、だからパンは危険であ...

NO IMAGE

「虫が食うほど美味しい野菜」は本当なのか?虫は本当に窒素過多の植物を好むのか?

「虫が食うほど美味しい野菜なのか」 (ちょっと長いですが重要な栽培知識です) 虫は窒素が多い作物を食う。虫は窒素が大好きである。 と、当たり前のように言われるけど、この際だからハッキリ言うが、そんなはずはないと僕は思う(笑)。 どこからこの話が来たのだろうか。...

NO IMAGE

【遺伝子組み換え GMO 危険】改めて遺伝子組み換えとは何か?どのような影響が出るのか?

遺伝子組み換え作物(トウモロコシ)をマウスに食べさせ続けると、オスのマウスでは皮膚に巨大な腫瘍が発生し、肝臓や消化管に異常が発生していた。そして、メスでは2年後に50%~80%の確率で癌が発生していた。 さらに生態系を破壊する 改めて遺伝子組み換えとは ...

NO IMAGE

モンサントの遺伝子組み換えRR(ラウンドアップ・レディ)大豆が大規模単一栽培され、日常的に飛行機による農薬散布がなされているアルゼンチンの農村地帯で高い割合で出生異常が発生。

ラウンドアップと出生異常 アンドレス・カラスコ(Andres Carrasco)教授が率い、イギリス、ブラジル、アメリカ、アルゼンチンの研究者が参加する新しい国際的科学者チームは、農業の散布で使用されているよりもはるかに低く、EUで現在認められいる商品残留レベルよりもず...

NO IMAGE

食の危険性:思っている以上に「体に悪い食品」ランキング。 ガム、卵、惣菜、回転寿司・・・

ポテトサラダなどの惣菜を食べた人々がO157に感染した事件など、話題の食中毒。食品によっては重篤な症状に陥ったり、死に至る危険なものもある。また、健康のつもりで食べていたものが実は体に害があったりと、意外な食べ物が身の回りに溢れている。賢者たちが避けている危険な食...

NO IMAGE

【小麦 危険】大量生産用に改造された現代小麦の危険性について。

前回投稿した 「モンスター小麦」 (と私が名付けた) 著しく病原性の高い小麦は、 今や世界を席巻し、 今日、皆さんが食べている 小麦、パン、うどん、ラーメン、パスタ、マカロニ、スッパゲティ、 ピザ、ドリア、グラタン、ケーキ、洋菓子、和菓子、 カレー、ス...

NO IMAGE

非オーガニックで不安を植え付ける:「オーガニック信仰は主婦を標的にしたカルト宗教」。この“オーガニック教”は特に富裕層の多いエリアで流行中だという。

なんかこの記事わかるなぁ・・・やたらとオーガニック狂いの人が、しまいにゃスピリチュアルに走っちゃったりして、とても気持ち悪い思いをしたことが個人的にあるんですよね・・・w 確かに化学合成農薬や化学肥料に頼らず、有機肥料などにより土壌の持つ力を活かして栽培する農法で育...

NO IMAGE

中国、韓国、日本、食の危険性について。日本も中国同様、食品には危険が潜む。

三国(中国、韓国、日本)料理の危険性について <中国> 中国の大気汚染物質「PM2・5」が日本に深刻な影響を与えているが、脅威はこれに留まらない。毒性の強い農薬や食中毒を引き起こす細菌まみれの中国産食品が「検疫をすり抜けて国内に入ってきている」(専門家)という。検...

NO IMAGE

【野菜ジュース 危険】健康に良いとされる野菜ジュース。実は飲めば飲むほど不健康になる。

『 野菜ジュース 』、『 発泡酒 』、『 カップ麺 』、『 ペットボトル入りのお茶 』『 コーラなどの清涼飲料水 』そして、『 天然素材 』、『 国産 』という表示も安心できないニッポン・・・食材を無農薬ハウス栽培で自給自足できる人が羨ましい・・・w 【 野...

NO IMAGE

日本は、1ヘクタールあたりに使用する肥料の量が世界一。即効性がある化学肥料に頼ることで、この50年間で、土のなかの微生物が激減した。土壌微生物量や、窒素循環、リン循環などを“見える化”した、土壌肥沃度指標 SOFIXとは?

「化学肥料や農薬を3割減らし、収穫量を2割増やす」 化学肥料と農薬に頼ってきた日本の農業に、待ったをかけるプロジェクトが動き出した――。 立命館大学は8月28日、都内で「農地の有機物バランスを整え、農作物の量と質を向上させる独自技術」と「同技術をベースに...

NO IMAGE

国産野菜の危険性:日本は世界一位、二位を争う農薬大国。農薬は精神薬と同じ強力無比な神経細胞毒で、脳細胞その他をどんどん死に至らしめる。脳だけでなく脂肪が存在するあらゆる場所に蓄積される。

農薬がなぜダメなのかどれくらい危険なのかということは、ほとんどの人が理解できないようです。科学的にいえば農薬は精神薬と同じ強力無比な神経細胞毒で、脳細胞その他をどんどん死に至らしめることがわかっています。しかしここもほかの社会毒と同様すぐに影響が出ない、蓄積されていく...

NO IMAGE

「名水」と名の付く水ですら硝酸態窒素に汚染されている。水道水の浄水場でも硝酸態窒素は取り切れない

もはや安全な水など存在しない、と言っても過言ではないでしょう。 農薬、肥料は土の中に存在する水を汚染します。名水と言われるペットボトルの水ですら、実は危険かもしれないのです。 硝酸態窒素の水汚染と危険性! ・水道水を広く汚染 硝酸態窒素が、日本のいたるとこ...

NO IMAGE

サンキストの輸入レモンは環境ホルモン農薬漬け。欧州調査で4割がNG、日本ではなぜか農薬が「食品添加物」として認可されている。

輸入される穀物や柑橘類の多くは、ポストハーベスト農薬といわれる、収穫後に散布される農薬の影響があります。 これは長期の輸送、倉庫保存でカビたり、腐ったり、虫がわくのを防ぐために散布されるもので、厚生労働省が法律で定めているものです。 栽培期間中に散布される農薬も問題ですが...

NO IMAGE

日本は世界一、二の農薬使用量を誇る国であり、その使用量は常に韓国とトップを争っています。言ってしまえば日本の野菜は世界で一番危険な野菜である。

農薬、肥料が当たり前のように使われ出す以前は、様々な慢性疾患、生活習慣病はほとんどありませんでした。もちろんこのことは農薬や肥料の問題だけではなく、社会にはびこる数々の毒の蓄積が原因です。 不自然なものばかり食べていませんか?? 農薬が入っていない野菜を食べる...

NO IMAGE

薬物の多くは脂溶性で、脂肪細胞の中に残留する。脳は「脳脂質」でできている。精神薬をやめて何年たってもフラッシュバックが起きる。農薬や食品添加物にも脂溶性毒が含まれ、トランス脂肪酸の油は毒の代表物質。

「薬物の多くは脂溶性であり、その結晶は脂肪細胞の中に残留する」そして脳は「脳脂質」でできている。このことを知ることはとても大事なことですね。 だから、精神薬をやめて何年たっても「薬物性フラッシュバック」が起きることがあるのです。 「薬物の多くは脂溶性であり、その結晶は脂肪...

NO IMAGE

モンサント:世界的規模で遺伝子組み換え作物の普及に走る大企業モンサント。自社で開発した農薬「ラウンドアップ」が大量に消費されている。

遺伝子組み換えといえば、世界的大企業であるモンサントが有名です。 自社で開発した「ラウンドアップ」という農薬にも負けない、遺伝子組み換えの作物をつくりました。 TTPの影響で今後日本にも遺伝子組み換え作物が大量に輸入されることが考えられます。 遺伝子組み換え作物...

NO IMAGE

国産野菜は本当に安全なのか?:農薬は水溶性であり茎から水と一緒に吸収され作物が育つ。その茎や葉っぱを虫がかじると農薬で殺される。野菜は7割~9割水分でできており、これを人間が食べている。

国産野菜は安全なのだろうか??? もはや放射能汚染で農作物の産地を気にするのは健康を維持する基本となっているでしょう。 しかしながら、それ以外にも国産野菜の不安はあります。 日本の農薬使用量は世界トップクラスらしいですね。 国産野菜の安全神話で農薬...