農薬一覧

モンサントの遺伝子組み換えRR(ラウンドアップ・レディ)大豆が大規模単一栽培され、日常的に飛行機による農薬散布がなされているアルゼンチンの農村地帯で高い割合で出生異常が発生。

ラウンドアップと出生異常 アンドレス・カラスコ(Andres Carrasco)教授が率い、イギリス、ブラジル、アメリカ、アルゼンチンの研究者が参加す...

非オーガニックで不安を植え付ける:「オーガニック信仰は主婦を標的にしたカルト宗教」。この“オーガニック教”は特に富裕層の多いエリアで流行中だという。

なんかこの記事わかるなぁ・・・やたらとオーガニック狂いの人が、しまいにゃスピリチュアルに走っちゃったりして、とても気持ち悪い思いをしたことが個人的にある...

NO IMAGE

日本は、1ヘクタールあたりに使用する肥料の量が世界一。即効性がある化学肥料に頼ることで、この50年間で、土のなかの微生物が激減した。土壌微生物量や、窒素循環、リン循環などを“見える化”した、土壌肥沃度指標 SOFIXとは?

「化学肥料や農薬を3割減らし、収穫量を2割増やす」 化学肥料と農薬に頼ってきた日本の農業に、待ったをかけるプロジェクトが動き出した――。 ...

国産野菜の危険性:日本は世界一位、二位を争う農薬大国。農薬は精神薬と同じ強力無比な神経細胞毒で、脳細胞その他をどんどん死に至らしめる。脳だけでなく脂肪が存在するあらゆる場所に蓄積される。

農薬がなぜダメなのかどれくらい危険なのかということは、ほとんどの人が理解できないようです。科学的にいえば農薬は精神薬と同じ強力無比な神経細胞毒で、脳...

NO IMAGE

薬物の多くは脂溶性で、脂肪細胞の中に残留する。脳は「脳脂質」でできている。精神薬をやめて何年たってもフラッシュバックが起きる。農薬や食品添加物にも脂溶性毒が含まれ、トランス脂肪酸の油は毒の代表物質。

「薬物の多くは脂溶性であり、その結晶は脂肪細胞の中に残留する」そして脳は「脳脂質」でできている。このことを知ることはとても大事なことですね。 だから、精神...

NO IMAGE

国産野菜は本当に安全なのか?:農薬は水溶性であり茎から水と一緒に吸収され作物が育つ。その茎や葉っぱを虫がかじると農薬で殺される。野菜は7割~9割水分でできており、これを人間が食べている。

国産野菜は安全なのだろうか??? もはや放射能汚染で農作物の産地を気にするのは健康を維持する基本となっているでしょう。 しかしながら、それ以外にも国...