発酵食品一覧

NO IMAGE

プロバイオティクス理論の背景には「死んだ菌は意味がない」という定説がありますが、実はこれ正しくありません。というのは、実際には、菌が死んでいようと生きていようと、そこは関係なく、「菌が分泌した生産物質」や「菌体成分そのもの」こそが、腸に有効に働く

発酵食品とプロバイオティクスの違い 私たちの健康を左右する腸内環境を整えていく上で、腸内細菌叢(腸内フローラ)のバランスを良好にすることはとても大切です。腸内フローラはひとつの臓器であると考えるといいでしょう。 ところが、現代人に多い高脂肪食はこの腸内細菌のバ...

NO IMAGE

味噌の栄養価は種類によって異なる。大豆を茹でるか、蒸すか。豆麹か、米麹か、麦麹か。

味噌の栄養価は種類によって異なるという話 11月30日は、いい味噌の日です。味噌は人によって好みがあります。たいていの人は自分が好きな「味」で選ぶと思います。 今日は、栄養価で見た味噌の選び方をまとめてみます。 味噌は麹(こうじ)の種類によって、種類が分...

NO IMAGE

【生きた菌は重要ではない】生きた菌を腸に届けること自体は重要ではなく、菌体成分や菌の分泌物そして何より菌の数こそが大事になる。

死んだ菌こそ大事 「善玉菌の宝庫である発酵食品を食べても胃酸で殺菌されるし、加熱すれば菌は死んでしまうからあまり意味がないのでは。」 こういう声が多いのも無理がありませんが、腸内環境を整えていき免疫力をあげる効果は実はこの「死菌」こそが大きいのです。確かに私た...

NO IMAGE

実は発酵していない『発酵食品』。発酵食品に似せるために添加物が多量に加えられている。

『早い・安い→売れれば良い』を追求した結果。 《以下引用》リンク ■発酵食品のはずが、発酵していない? 発酵食品とは、コウジや酵母、乳酸菌や納豆菌など、発酵に携わる菌の働きによって素材をおいしく、栄養豊富にしたもの。  しかしながら、菌に任せて食べ...

NO IMAGE

味噌は身体に良いが、スーパーの安い味噌は味噌ではない。「熟成せれていない、味噌風に添加物で味付けされた、劣悪な大豆で作られた、ニセ味噌」である

長崎原爆のとき、甘いものをひかえ濃い味噌汁を飲むことで原爆症にならなかったことは有名ですよね。また、チェルノブイリの時もヨーロッパでは日本の味噌が飛ぶように売れました。 日本では古来から大豆の発酵食品が体に良いことが知られています。味噌は麹菌による発酵食品で熟成されるのに1...

NO IMAGE

発酵食品のはずが、発酵していない?

『早い・安い→売れれば良い』を追求した結果。《以下引用》リンク■発酵食品のはずが、発酵していない?発酵食品とは、コウジや酵母、乳酸菌や納豆菌など、発酵に携わる菌の働きによって素材をおいしく、栄養豊富にしたもの。 しかしながら、菌に任せて食べ物を作るのは、多くの場合時間がかかります...