植物一覧

NO IMAGE

春野菜や春草の解毒作用の考え方:植物は動物や病原菌・ウイルスから身を守るための生物毒を保有しています。特にこの時期に採れる春の野草がもつ生物毒(フィトケミカル)は、人間には偶発的に薬理作用をもたらすことがあります。

春野菜や春草の解毒作用の考え方 植物は動物や病原菌・ウイルスから身を守るための生物毒を保有しています。特にこの時期に採れる春の野草がもつ生物毒(フィトケミカル)は、人間には偶発的に薬理作用をもたらすことがあります。 例えば、アブラナ科に含まれるイソチオシアネー...

NO IMAGE

春の野草ヨモギを見直そう:生薬として、漢方薬として、また美容薬として昔から重宝されてきました。

春の野草ヨモギを見直そう 土手や山にいくと春の野草であるヨモギの若葉が見え始めました。ヨモギは古くは万葉集の中でも「余母疑」(よもぎ)という名前でも出ています。 ヨモギはその生命力の強さからどこでも生えやすい草で、さらにとても利用価値のあるものとして、生薬とし...

NO IMAGE

種子法廃止+農業競争力支援法=モンサント法、日本固有の種子遺伝子が絶滅?

種子法廃止+農業競争力支援法→外資系参入→地域独自の種子、品種価格上昇→伝統的農家崩壊、海外種中心へと農業支配はすすむ。その中心がモンサント。種子法廃止及び農業競争力強化支援法の実施でどうなる? 〉過去に、種子法の下で予算がつけられ、圃場(ほじょう)において蓄積され...

NO IMAGE

【モンサント(バイエル)問題】種子法の廃止により、今後、本物の米、麦、大豆の価格は高騰し、私たちの周りから徐々に姿を消してしまうでしょう。「遺伝子組み換え」というモンスター食品を送り出し、我々人類をある意味、モンスターにしようとしている。

モンサント(現バイエルね)の農薬で いま現在の「自分たちのコトしか考えずに」 地球を汚し続けている方々がいる。 この1970年頃に誕生した農薬「ラウンドアップ」(が元祖ね)がその後、特許がきれ、ジェネリックとして「エイトアップ」「グリホサート」(農薬登録を取得し...

NO IMAGE

植物が緑色なのは、他者との共生を望んだからではないか?

植物がなぜ緑色をしているのか。それは未だによく分かっていません。 「緑に見える」のは、葉が緑色の光を反射あるいは透過し、他の色の光を吸収しているからで、それは、葉は緑色の光をあまり必要としないということを表しています。光のエネルギーを取り入れて光合成するのに、緑色の...

NO IMAGE

葉緑素と人間の血は深い関係があるといわれます。葉緑素自体の働きはなにかと言えば、おもに光合成を行う物質ですが、細胞修復などの免疫機能も持っている

植物の葉緑素はクロロフィルと呼ばれますが、葉緑素と人間の血は深い関係があるといわれます。葉緑素自体の働きはなにかと言えば、おもに光合成を行う物質ですが、細胞修復などの免疫機能も持っています。ただ葉緑素は、人体に対しても解毒作用や免疫機能などを発揮します。本来雑食であり究極...

NO IMAGE

天然の薬:シナモンとペパーミントの相乗効果

植物や自然の力は果てしなく強く、驚くような効果がある事に驚かされます。「シナモンとペパーミント」で難病を起こすバイオフィルムを除去? 以下引用です 医療業界を変える? 「天然の薬」が話題に!! リンク ■バイオフィルムとは? 医学業界で...

NO IMAGE

子供の自由研究:植物に「ありがとう」「ばかやろう」「無視」の生育実験・・・先生がコメントに困る結果に。

スピ系が大好きな友人の息子が、夏休みの自由研究で「植物の生育状況の観察」をやったという。その中の実験の一つが「ありがとう」「ばかやろう」「無視」の3パターンで生育状況の比較。その結果、「ありがとう」が1番、「ばかやろう」が2番、「無視」が3番という生育結果になった。自由研...

NO IMAGE

植物は<知性>を持っている-3

『植物は〈知性〉をもっている 20の感覚で思考する生命システム』の著者ステファノ・マンクソーのTEDでの講演を紹介します。 以下、(リンク)より転載。※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※7 根端には数百ものニューロンのような機能を持つ細胞があるさて ...

NO IMAGE

植物が緑色なのは、他者との共生を望んだからではないか?

植物がなぜ緑色をしているのか。それは未だによく分かっていません。「緑に見える」のは、葉が緑色の光を反射あるいは透過し、他の色の光を吸収しているからで、それは、葉は緑色の光をあまり必要としないということを表しています。光のエネルギーを取り入れて光合成するのに、緑色の波長領域のエネル...