一覧

NO IMAGE

白血病で息子を亡くした医師の語った抗がん剤治療の実態

 白血病で息子を亡くしたことをきっかけに、生薬によるがん治療を研究し始めた医師 丹羽靱負氏による、抗がん剤治療の実態です。  非常に生々しい現実が見えてきます。  以下サイト「現代医療の限界とクスリの副作用」(リンク)から引用します。 ■ ■ ■ 以下引用 ■ ■ ■  当時、京...

NO IMAGE

『小児甲状腺がん「数十倍多い」フクシマ

昨日福島県の子供の甲状腺の病変に関する最新発表が行われたが、事故か4年目の比較的被害が小さい時期にも関わらず、早くも200人程度の小児甲状腺がんが発症している。 報道では、数十倍多いとされているが、全国と比較すれば100倍、被害が本格化する5年目には、更に数十倍に跳ね上がる危機的...

NO IMAGE

看護師が現場を語る「抗癌剤は毒以外の何物でもない」

最近なぜか抗がん剤を投与することが多いのですが、以前までは仕事と割り切って投与していました。最近の私のfb投稿の傾向からもわかるかと思いますが、最近は葛藤があります。明らかに疑問を持ちながらも仕事と割り切って医者の支持通り投与しています。必死でガンを治したいという医者や研究者もい...

NO IMAGE

ノーベル賞の伝統薬『アルテミシニン』vs 西洋医学の現代薬

皆さんは、中国人科学者の屠ユウユウ氏が2015年のノーベル医学・生理学賞を受賞したのをご存知でしょうか。ん?誰? って感じですよね (笑)日本でもノーベル賞はニュースにはなりましたが、当然、日本人受賞者の大村智・北里大学特別栄誉教授と梶田隆章・東京大学宇宙線研究所所長の話題で持ち...

NO IMAGE

西洋医学による対処療法ではなく、根治療法的解毒に関して

末期癌でも治ったとか10年以上生きたなんてのは、私たちの周りで現代西洋医学をやらなければよくあることですが、具体的にどうやるのだと言われると悩んでしまう人も多いようです。たとえば癌を治すときの基本的考えは、①体温をあげ免疫力をあげる②食事を見直し良い栄養を摂る③酸化から還元へ④精...

NO IMAGE

千島学説;癌の原因は腸内の有害物質が血液によって運ばれれること。血液は腸でつくられる

千島学説が教える本当のガンの治し方腸内汚染、体温の低下による排泄能力の低下が       ガンの重大要因ガン患者が抗ガン剤治療を受けた後の血液の状態はボロボロになっている。毒性で全身の血液細胞がやられている。これがさらに新たなガン細胞を作る血液となるから、いくらできた結果のガン組...

NO IMAGE

1931年にノーベル賞を受賞した医師は既に癌の原因を特定。酸素不足による身体の酸性化が原因。

ガンの原因は酸素不足です。低酸素濃度下の細胞内で腫瘍(癌細胞)が発達することを最初に実証しました。酸素が不足すると、体内が酸性に傾きます。そして重曹は体を弱アルカリに保つことが出来るいい奴なのです。癌は医療ビジネスを繁盛させてくれます。癌の治療法が開発されても、一般的に、癌の予防...

NO IMAGE

牛乳がからだに良いわけがない。骨が脆くなるし、癌が活性化する。子牛以外飲みませんよ。

牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品が「がん細胞を活性化させてしまう」。そのしくみを解説する記事を紹介します。いろいろな細胞を元気にし、増殖させる働きをする「IGF受容体」は、スポーツやエステの分野で必要とされますが、がん細胞はその仕組を利用し自己増殖を加速させるようです。そのI...

NO IMAGE

先進国の中で日本だけが癌死亡率が上昇し続けている・・・日本のガン治療はアメリカの20年以上遅れている

WTOの資料によると、先進国では癌の死亡率は横ばいないし減少傾向なのに、医療先進国?日本は癌の死亡率は右肩上がりに増え続けています(^^;これは、アメリカが30年くらい前から、放射線治療、抗ガン剤治療、手術などの三大治療から脱しはじめて、食事、健康食品、東洋医学、瞑想、音楽療法な...

NO IMAGE

重曹は癌や、被爆、虫歯、肝臓病などあらゆる病気を治す効果がある?!

これだけ効果が認められている「重曹」が世間に広まることが無いのは、やはり「製薬会社が儲からなくなってしまうから」なのでしょうか? ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※●「重曹で癌患者の命が助かる。」医者シモンチーニの発見これまで癌とは、何らかの形で細胞...

NO IMAGE

抗癌剤は効かない

ガン死の80%は三大療法(手術、抗がん剤、放射線治療)による。岡山大学付属病院のインターンの学生が調べてみると、80%がガンの三大療法(手術、抗がん剤、放射線治療)で死んでいた。その発見を論文にしようとしたが、握りつぶされた。年間のガン利権は15兆円、国防費の3倍抗がん剤は0.1...

NO IMAGE

マンモグラフィーの危険性(アメリカ)

アメリカでは次のようなマンモグラフィーの危険性が認識され始め、毎年の定期検診でそ­れを推奨しない勧告が広くいきわたるようになっています。1、放射線被ばくのリスクは胸部X線撮影の1000倍で、癌のリスクが1%上昇するそ­うです。2、マンモグラフィで偽陽性との誤診を受けるリスクが6%...

NO IMAGE

余命2日の白血病の少年がカンナビスオイルでほぼ完治

医師から余命48時間を宣告された3歳の少年が、カンナビスオイルでほぼ完治ランドン・リドル君という3歳の男の子は白血病と診断され、1~2日の後の生存率はわずか8~10%だと医師から宣告を受けていました。少年の母、シエラ・リドルさん:「彼の胸部全体は白血病の腫瘍だらけで、息を吸うこと...

NO IMAGE

福島原発事故の5年後からはじまる日本人の悲劇

今の日本国民の中にこの事態を当事者としてとらえられている人はどのぐらいいるのだろう?多くの人にとってはどこ吹く風に成り果てているのではないだろうか。対象世界を広げ、主体的に事実の収集をしていかなければ、もはや自分の命さえ守れないのだ。*****以下、新発見。BLOGより引用ショッ...

NO IMAGE

癌の手術後、長生きした癌患者は、抗がん剤をまったく使用しなかった人!

●癌の手術後、長生きした癌患者は、抗がん剤をまったく使用しなかった人!しわ寄せが来た患者さんたちが、どのように求めて、どうアドバイスをしたら良いのか、いろいろな意味を含めて、癌患者の人達に会いに行きました m(__)mそれはもう大勢の人が、癌患者として余命を宣告受けた人で溢れてい...

NO IMAGE

抗がん剤乱用の真の理由

腫瘍が少しでも縮小すれば、抗がん剤は有効とされます。4%の死亡率などと言われても、実際はもっと高いと考えねばならないでしょう。抗がん剤は通常、他の製品と併用されるため、単独での使用よりも副作用が強くなっています。患者さんの体力が回復した時点で抗がん剤を使用し始めれば、体力の低下は...

NO IMAGE

「腹六分目」の少食で、動物が癌で死なない体になった

医者が癌になった際、9割以上の方が西洋医療では無く民間療法を選択すると言います。民間療法には「食事療法」 「温熱療法」 「オゾン療法」 「ビタミン療法」などなど沢山種類があります。中でもはっきりとした効果があるとされ最近注目を集めているのが「食事療法」というより少食療法といった方...

NO IMAGE

癌とファスティング(断食)療法

 「癌」という字をよく見れば,「病だれ」に「品物」の「山」。 つまり──食品を,山ほど食べれば,癌になる──という戒めなのです。 『かんたん「一日一食」!!』(船瀬俊介著,講談社文庫,2015年8月初版)のP.306.からの引用です。散歩がてらの書店でみかけ,タイトルをみて,この...

NO IMAGE

癌の手術後、長生きした癌患者は、抗がん剤をまったく使用しなかった人!

●癌の手術後、長生きした癌患者は、抗がん剤をまったく使用しなかった人!しわ寄せが来た患者さんたちが、どのように求めて、どうアドバイスをしたら良いのか、いろいろな意味を含めて、癌患者の人達に会いに行きました m(__)mそれはもう大勢の人が、癌患者として余命を宣告受けた人で溢れてい...

NO IMAGE

癌は血液浄化の最終兵器?

「ガン細胞が身体を攻撃する⇒ガン細胞を除去する」。当たり前とされてきた医療行為で、ガンはほとんど不治の病。これがこれまでの常識でした。けれどもこの認識が間違いであり、それゆえ全く違ったアプローチで次々とガンを治癒している医療が脚光を浴び始めました。10年後には「ガンは治る」という...