小麦一覧

NO IMAGE

【小麦 危険】ADHDを「グルテンフリー」で克服した子供たちの話

認知症だけでなく、癲癇、頭痛、うつ病、統合失調症、ADHD、さらには性欲減退を引き起こすきっかけが、最近の研究によってグルテンであると判明していると人びとに伝えると、「まさか。みんながグルテンに敏感なわけじゃないでしょう」という返事が返ってくる。 グルテンについて知...

NO IMAGE

【小麦 危険】添加物まみれの危険なパン。輸入小麦は収穫直前に除草剤ラウンドアップを散布。腸内細菌の不均衡が生じ病気につながる。

「グルテン過敏症やセリアック病の原因」 僕は小麦農家であるが、小麦はグルテン過敏症やセリアック病の危険性があるとよく言われる。もちろんそうだろう。現実にグルテン過敏症の患者がいて、パンなどを食べると病を引き起こすことがある。 しかしながら、だからパンは危険であ...

NO IMAGE

【小麦 危険】遺伝子操作された「輸入小麦」の危険性について。

【特別編】遺伝子操作された小麦が世界中を席巻しているらしい……拡散希望!保存用! ⭐️もしかしたら、砂糖以上に心身にダメージがあるかも…… ⭐️最後までお読みくださいね!自分のために家族のために、大切なお仲間のために! 【甲斐由美子著】 数年前、廣瀬満雄さんが小麦...

NO IMAGE

【小麦 危険】大量生産用に改造された現代小麦の危険性について。

前回投稿した 「モンスター小麦」 (と私が名付けた) 著しく病原性の高い小麦は、 今や世界を席巻し、 今日、皆さんが食べている 小麦、パン、うどん、ラーメン、パスタ、マカロニ、スッパゲティ、 ピザ、ドリア、グラタン、ケーキ、洋菓子、和菓子、 カレー、ス...

NO IMAGE

日本の「食」もアメリカに支配されている:アメリカで農産物の過剰生産、過剰在庫  戦後日本人の食生活が急速に欧米化した裏にはアメリカの存在があった。アメリカは昭和20年代、小麦、大豆等の過剰生産、過剰在庫が深刻化し、その余剰農産物のはけ口として標的にされたのが日本である。

『アメリカ小麦戦略』(食生活史研究家の鈴木猛夫著)より抜粋し作成しました。 ■昭和20年代(1945年~)---アメリカで農産物の過剰生産、過剰在庫  戦後日本人の食生活が急速に欧米化した裏にはアメリカの存在があった。アメリカは昭和20年代、小麦、大豆等の過剰...

NO IMAGE

【給食 危険】牛乳もパンの危ない。結局は給食にも食品会社や周辺産業の利権が入り込んでいるというのが現実。

日本の学校給食が非常におかしなことになってきているようです。健康的とは言い難いメニューが多くなっているようです。 結局は給食にも食品会社や周辺産業の利権が入り込んでいるというのが現実のようです。学校が決めたことだから何でも正しいなどという馬鹿げた幻想から目を覚ま...

NO IMAGE

【小麦 危険】乳癌と小麦の関係について:現在アメリカで収穫されている小麦は、20世紀後半に行われた遺伝子研究によって形質転換されたもので、本当に天然の小麦とは明らかに異なる

『 乳ガン 』はもともと欧米に多い病気だそうですが、ここ最近では日本でも乳ガン患者が急激に増えているんですね・・・乳ガンの患者さんで、朝にパンを食べている方の割合は、40歳以上で7割、20代、30代では8割に上ると言われていて、乳ガンになる患者さんの7、8割は朝食にパンを...

NO IMAGE

外食産業では「遺伝子組み換え小麦の表示義務」はない。外食のパン、ラーメン、パスタ、あるいは家畜の飼料に遺伝子組み換え小麦が使われている。

「遺伝子組み換えされた作物」と「遺伝子組み換えされていない作物」、あなたならどちらを選びますか?? 仮に「どちらも安全ですよ」と言われても、誰もが「遺伝子組み換えされていない作物」を選ぶだろう。 論理的に遺伝子組み換え作物の危険性を知るのも大切ですが、直感で誰もが避け...

NO IMAGE

「小麦は危険」のウソ;糖質制限、グルテンフリーで危険視される小麦、ではなぜ古代からずっと食べられているのか。

世の中騙される人たちのオンパレードなわけですが、その中でもトップクラスに代表される噓がグルテンは体に悪い、であると言えます♪。ちょっと知った人がいまや最も騙されているわけですが、これを見てまた信じられるか!という人が多いでしょう。なにせグルテンや小麦の問題は昨今一番と言っても...

NO IMAGE

小麦の栽培から貧富の差が生まれた

いったい、我々は何者で、何を食って病気になってきたのか? 人間の世界はまさに病人の世界である。  人間本来の心と身体を持ち   本来あるべき健康を保持し謳歌している人が    はたしているのだろうか?今から1万2千年前に現在の中東周辺で、小麦の栽培が始まってから人類が、人類の...