一覧

NO IMAGE

【肉 危険】肉の危険性について、アメリカ牛、鶏の信じられない実態。

私は基本的に雑食家であってベジタリアンではない。しかし現在の肉はそーとーにやばいということだけは知っておかねばならない。どこの牛がやばいというのはいいにくいし、ある意味ではすべてやばいともいえるのだが、その中でもアメリカ牛はあらゆる点においてやばすぎる。しかもハワイに行っ...

NO IMAGE

アメリカ牛の危険性:アメリカでは養鶏のごみでもある糞、要するに養鶏場の床にたまった大量の糞をかき集め、少量の大豆(もちろんGMO)を混ぜ合わせて牛に食べさせている。

牛は本来牧草地でのびのび暮らしている動物ですが、家畜化した牛はどのような環境で育てられるのでしょうか? 肉の質が問題となっていますが、牛肉が危険、悪なのではなく、危険な牛肉を人間がつくっている、それは言うまでもない事実なのです。 肉のまじめな話 私は基本的に雑食家で...

NO IMAGE

肉は食ってもよい。質を考えるべき、自然環境で育ったジビエ(鹿、猪など)は産地に注意

私は肉(動物性食品)をオススメします。「野菜じゃないの?」と思った人も多いかもしれませんね。調味料→肉や卵→魚→野菜と、野菜は最後でいいと私は考えます。なぜなら、野菜に比べて肉や魚は、さまざまな物質を食物連鎖を経て生物の体内に蓄積していく「生態濃縮」が高い食材だからなのです。そう...

NO IMAGE

食べれますか?食べてはいけない肉について

肉に関しては、ベジタリアンの人などから必要ないという声が聞こえてきそうですが、そんなことはありません。肉を食べるということ自体は、問題がないどころか、体のためには必要なことです。ほとんどの先住民族は動物性のものを食べて非常に健康でしたし、動物性の食品の方が栄養豊富なのは食品表示を...