大麻 ヘンプ一覧

NO IMAGE

【大麻 ヘンプ】日本の現時点の法律では、この中の穂と葉を所持することは違法ですが、その他の部位については、どんな形に加工されても問題なく、様々な商品として日常生活の中でも使われています。

石油に代わる未来資源であり、古代から日本をはじめ世界の資源として使われていた麻。 日本で「麻」という言葉は、繊維業界では亜麻(リネン)や苧麻(ラミー)を指しますが、ここでの麻は大麻であり、英語でヘンプと呼ばれているものです。 大麻と麻(リネンやラミー)は、どち...

NO IMAGE

産業用大麻、医療大麻、大麻は人類を救うだろうか?

石油時代の終焉を迎えようとしている時代ですが、それに代わるものとして産業用大麻を推奨する動きがネットを中心に見受けられています。 また、医療用大麻を推奨する動きもあります。大麻は感覚、神経伝達をマヒさせます。病気を治す訳ではありません。風邪薬を考えてみましょう。風邪...

NO IMAGE

大麻擁護、大麻復興の安倍昭恵首相夫人:米国では既に23の州で大麻が合法化、モンサントが医療用の遺伝子組み換え大麻の開発に着手している。

石油社会からの脱却として、産業用大麻の復興を目指す動きもありますが、数々の不祥事も目立ちますね。 まだまだ現代人のマインドでは大麻を取り扱うのは無理なのでしょう。 医療用大麻で癌などが治るとも言われていますが、そもそも麻酔のような作用で神経伝達が麻痺し、痛みなどを感じ...

NO IMAGE

精神薬、抗がん剤、ワクチンなどが嘘だとバレてきている;支配者層はケミカルからナチュラルに移行してくる。大麻の医療化。

精神薬、抗がん剤、ワクチンなど石油精製された薬物が効かないどころか危険であるのはもはや常識ですよね。 医療利権、既得権益を牛耳る支配者層はケミカルなものからナチュラルな方向へ動こうとしています。 その一環が、最近話題にのぼる「産業用大麻」「医療大麻」であります。 ...

NO IMAGE

カンナビス(大麻)がガン細胞を殺すことを、ようやく米政府が認める

世界の裏側ニュース【リンク】よりの転載です。 モンサント社が医療大麻に参入したりもしているようです。ようやく米政府が認めたという背後にガン患者を食い物にする勢力が潜んでいるのでしょうか? 転載開始 カンナビス(大麻)がガン細胞を殺す、という地球が揺らぐような主張を、アメリカ政府が...

NO IMAGE

アメリカが100年間禁止にしてきた「大麻」が解禁された意味 ~ロックフェラーの衰退~

●アメリカはやっと「大麻」の使用を認めた 2012年12月、アメリカで画期的な法案が可決。 カリフォルニア州とアラスカ州で同時に行なわれた。 「個人的な利用目的に限り、マリファナの所持と使用を認める」 法律が成立した。 そして、2013年以降も、解禁の余波は続いている。 大麻に関...

NO IMAGE

大麻は抗癌作用がある日本の伝統的な医薬品だった。なぜ禁止されたのか?その背後にはロックフェラーか??

大麻(マリファナ)と言えば非合法な危険なドラッグというイメージでしょうか? 実際は危険度が極めて少なく、医薬品としての効果も多々あるというもの。抗癌作用も確認されている。合法化されている国も多い。そして燃料としても使えるも優れものだったそうです。では、なぜ非合法となったのか?そこ...

NO IMAGE

大麻による癌治療について

①大麻の癌抑制効果 ・最近の研究で、大麻の含有成分に、癌細胞の増殖抑制・転移抑制及び、抗癌剤の副作用抑制効果が報告。 ・末期癌治療のほか、てんかん、白血病など多岐に渡る病気に効果があると報告されている。 ・医療用に用いる大麻油を「医療用大麻油」と呼び、実際に効果があった実績が掲載...

NO IMAGE

医療大麻特許 アメリカの製薬会社が日本で医療大麻の特許を取得

ナスダックの下位市場に所属するNemus Bioscience社は、自社のテトラヒドロカンナビノール(THC)のプロドラッグ(体内で代謝されてTHCとなる)が日本で特許を取得したと発表した。この薬物は、ミシシッピ大学との産学連携で創られたもので、特許には、物質の合成と、デルタ9T...

NO IMAGE

首相婦人“安倍昭恵”氏が、大麻文化を復興させようとしている・・・裏に何があるのだろうか??

ちょうど1ヶ月ほど前の12/8に発売された「週刊SPA!(2015年12月15日号)」が大きな話題となっているようです。 それはこれ。すでにご覧になった方もいるかもしれませんが、現役の首相夫人である安倍昭恵さんが大麻畑の中で微笑む写真と大麻に関するインタビュー記事が掲載されてい...

NO IMAGE

医療大麻など、大麻文化復興、緩和化が叫ばれているが、正しいのだろうか??

私は仕事として依存症治療や薬をやめるということをやっているので、この麻についてはネットごときのツマラナイ情報ではなく、相当いろんなところまで調べてみました。しかし残念ながら麻について日本人が理解できることはないだろうと思っており、それを著書にもそのまま書きましたし、大麻擁護論者が...

NO IMAGE

安倍昭恵首相夫人「日本古来の『大麻文化』を取り戻したい」 →裏には何が・・・。

安倍昭恵首相夫人の『大麻文化』復活宣言。確かにその通りなのですが、電通出身の首相夫人の発言だと、どうも勘繰ってしまいます。米国では既に23の州で大麻が合法化、モンサントが医療用の遺伝子組み換え大麻の開発に着手しています。TPPの締結に合わせて米国からモンサント製の大麻が大量にやっ...

NO IMAGE

余命2日の白血病の少年がカンナビスオイルでほぼ完治

医師から余命48時間を宣告された3歳の少年が、カンナビスオイルでほぼ完治ランドン・リドル君という3歳の男の子は白血病と診断され、1~2日の後の生存率はわずか8~10%だと医師から宣告を受けていました。少年の母、シエラ・リドルさん:「彼の胸部全体は白血病の腫瘍だらけで、息を吸うこと...