ワクチン一覧

NO IMAGE

「中学生がインフル薬で飛び降り死?  子どもを「異常行動」から守るには」 「どうしたら我が子を悲劇から防ぐことができるか」

「中学生がインフル薬で飛び降り死?  子どもを「異常行動」から守るには」 「どうしたら我が子を悲劇から防ぐことができるか」 答え(あたしのw):抗インフルエンザ薬も、その前のワクチンも身体にいれるな、でおっけーだと思いますが(-_-) 毎年毎年、何だろうね...

NO IMAGE

【ワクチン 危険】「小中学校の予防接種と、学級閉鎖の関係を10年間調べましたが、ワクチンに感染拡大を抑える効果はまったくありません」

「小中学校の予防接種と、学級閉鎖の関係を10年間調べましたが、ワクチンに感染拡大を抑える効果はまったくありません」 (母里啓子 国立公衆衛生院 感染症室長) 「ここにいるウイルス学者で、インフルエンザワクチンが効くと思っている学者はひとりもいないだろう」 (石田名香雄 ...

NO IMAGE

タミフル 危険:害だけがある薬物であることが明確なのに、それを知っているかもしれない医療者たちが「子どもにも」出し続けている。

リンク インフル薬“異常行動”めぐり厚労省が「施錠」など通知へ TBS News 2017/11/23 インフルエンザの治療薬を飲んだ子どもなどが「異常行動」を起こす報告があとを絶たないことを受け、厚生労働省が近く「部屋に鍵をかける」といった具体的な対...

NO IMAGE

インフルエンザワクチンは打ってはいけない!?メディアにかき消された危険性。厚労省とWHO(世界保健機関)もホームページ上では、はっきりとこう述べています。 「インフルエンザワクチンで、感染の予防はできない。また有効とするデータもない。」

以下リンクより抜粋 ******************************************************************* 今回、お伝えする内容は、これまで耳にしたことがないことかもしれません。またこれまで身につけてきた常識とまった...

NO IMAGE

現在日本では、ワクチン接種はすべて強制ではありません。 アレルギー反応が出るから受けさせないという方も多いのです。

皆さんよく誤解なさっていることの一つに定期接種と任意接種の違いについてがあります。 現在日本では、ワクチン接種はすべて強制ではありません。 アレルギー反応が出るから受けさせないという方も多いのです。 この断り方が一番穏便に断れる方法だと思います。 とにかく、ワクチ...

NO IMAGE

【ワクチン 危険】ワクチンを培養するには卵、トリ、カエル、ウシなど、時には何かの胎児が必要になる。もちろん健康なそれらの細胞では培養しにくい。どういうことかわかりますか?

ワクチンを作るためには、ウィルスを培養する必要がありますよね。 それを培養する必要があります。 そのために、卵、トリ、カエル、ウシなど、時には何かの胎児を使います。 しかし、ここで考えてみてくださいね。 健康な組織ではウィルスや病原体の増殖には適しません。 ...

NO IMAGE

ワクチンを投与し数分後、男児(10)は床に敷かれた畳の上で横向きに寝ていた。唇が紫で声を掛けても返事がなく、既に意識がなかったという。

2012年のワクチンのニュースです。 「真実を明らかにして」 予防接種急死で両親 共同通信社 10月23日(火) 配信  岐阜県美濃市のクリニックで日本脳炎の予防接種を受けた小学5年の男児(10)が急死した問題で、男児の両親は22日、共同通信の取材に男児が亡くな...

NO IMAGE

『ワクチン 危険』ワクチンを打った方が二倍近くインフルエンザにかかるということになっている。

インフルエンザの興味深いレポート この情報は情報源をばらすとその人が危険なため、まったくの匿名とさせていただきますが、非常にわかりやすく実感と一致する内容になっています。みなさんがこれまでに思っていたことをまさに証明するものに一つといっていいでしょう。これまで海外に...

NO IMAGE

【ワクチン 危険】前橋レポートという大規模なワクチンの疫学調査において、ワクチンが何の効果も示さないことが証明されている

インフルエンザワクチン インフルエンザワクチンが効かないということを立証する、有名なレポートに前橋医師会のレポートがあります。医師会もたまにはいいことしますね。ある児童の予防接種事故をきっかけにして集団接種を中止した前橋市は、研究班を立ち上げました。そして5つの市で...

NO IMAGE

【ワクチン 危険】人類史最大のインフルエンザであるスペイン風邪、実はワクチンが原因だった。

これまで、人類にとって知られている中で最も多くの死亡者数を出したインフルエンザは、1918年から19年にかけて世界中で大流行したスペイン風邪です。スペイン風邪といっても実際の発生源は、アメリカです。スペイン風邪が大流行したのは、1918年のことでした。 スペイン風邪はま...

NO IMAGE

【ワクチン 危険】あなた方がなぜワクチンをすすめるのか、その理由を教えて頂けますか?あなた方がもし勤務医や大学勤務であるならば、製薬会社からいくら寄付金があったか明示して頂けますか?

ワクチンを勧める医者に聞いてみて下さい♡ ・ワクチンの歴史において感染症に効いたとされていますが、実際感染症が衛生行政等により激減してから、ワクチンが導入されたという事実について知っていますか? ・ワクチンを作ったのはジェンナーだとされていますが、歴史上ジェンナー...

NO IMAGE

母子手帳:母子手帳は米国の乳業会社が作ったものであり、アメリカではすでに廃止になっている。最後にはワクチンを接種しなさいと書かれている。なぜなのだろうか?

薬を使わない小児科医真弓先生の動画です。 母子手帳の意味についてご存じない方はぜひご覧になり、お調べください。 母子手帳はどのようにして作られたのかお話ししてくださっています。 1915年アメリカの乳業会社が作ったもの。この母子手帳によってアメリカ人が劣化したという...

NO IMAGE

ワクチン業者がバラしたくない秘密:ワクチンは病気を予防しない?それどころかワクチンのせいで病気になる。ワクチン接種がもたらす病気、その一覧。

【ワクチン関連業界が絶対に読んでほしくない内容】 どうして医者はいろんな病気の原因を発見できないのだろうかと不思議に思ったことはありませんか? それは医者が、病気とワクチンの関係を知ることがないように「条件付け」されているからです。以下は、ワクチンと関係があることが立証さ...

NO IMAGE

世界トップクラスのワクチン会社の科学者が、ワクチンに「ガン化ウイルス」が混入していることを認める。

ドイツのメルク社は世界2位のワクチン会社で、世界140カ国以上で事業展開し、株式がダウ平均株価の構成銘柄に選ばれている。 それでもあなたはワクチンを支持しますか??? ●数百万人が打ったワクチンにガン化ウィルス(SV40など)を混入させていた事をメルク社が認める ...

NO IMAGE

インフルエンザ・ワクチンに警鐘を鳴らすトランプ:その理由について「体の中に悪い物質を入れたくないのだ」と述べる。インフルエンザ予防接種は医療の歴史の中での最も大きな詐欺のひとつと言われる。

トランプ氏が米国大統領に就任しました。米国の大統領は誰もが認める表向き世界一の権力者でしょう。しかしながら、それは世界を牛耳る支配者、財閥のためのアイコン、アイドルキャラなだけで、トランプ氏一個人の人格がどうとかはあまり重要ではありません。 世界は裏でロスチャイルド、ロック...

NO IMAGE

ワクチンは害悪でしかない。予防接種法の歴史。

1947年日本ではGHQの指導の下予防接種法が定められました。罰金で接種を強制するけれど、事故が起こっても保証する仕組みがないとういう世界に例がないほどの強制力を持った法律です。その年の11月に京都市、島根県東部で実施されたジフテリアの予防接種で、80数名の1~2歳児が死亡、重篤...

NO IMAGE

ワクチンは効かない。それどころか、害悪でしかないのだ。

天然痘の予防接種が防いだというのは大ペテンで、種痘を大幅に増やしたのはすでに常識ですが、ワクチンで病気が広がったのはそれだけではございません♪。たとえばジフテリアの予防接種では、ドイツなどで戦前からジフテリア等の強制的予防接種を採用していました。ところが1939年、ナチス政権時代...

NO IMAGE

プーチン:人類の進化はGMO、医薬品、ワクチンによって危機に面している

プーチン政権下のロシアでは、オーガニックに、あるいは持続可能な形式で農業を営みたいという国民に対し、ここ数年間は無料で土地を供与している。どうやら本気ですね~ 世界の裏側ニュースより紹介引用ですリンク プーチン:人類の進化が巨大製薬企業、GMO、ワクチンによって危機に瀕している ...

NO IMAGE

改めて、ワクチンは百害あって一利なし

ワクチンは百害あって一利なし、です。水銀系薬剤やアルミニウム系薬剤が含まれているとは、これを幼児や子供にうっていたとはショックです。ワクチンが原因で、自閉症など増えているとのことです。医者にすすめられたから、他の家でやっているから、TVが言ってたから、などに惑わされることなく、自...

NO IMAGE

海外のワクチン強制事情

ワクチンに効果ないことや、様々な副作用や後遺症をもたらすことはもはや常識ですが、海外ではロビー活動が展開されネット上もワクチン強制一色になっています。そしてずっと審議されてきたオーストラリアの案件、予防接種を拒否する家庭には児童手当を支給しない法案」が可決承認され、来年の元旦から...