環境ホルモン一覧

NO IMAGE

卵とは??:大手の養鶏は、95%以上輸入飼料。大手は、配合飼料に2種混(トウモロコシ・魚粉)が入っているので、遺伝子組み換えトウモロコシ。

只今、鶏のローテーション中(若鶏が産卵を増産、年配鶏の廃鶏)です。  年配鶏の廃鶏が間に合わず、若鶏の増産で、卵が余剰となりつつあります。  鶏のローテンションですが、12月末くらいまでかかりますが、後手後手になっており、ローテンションが終わるまで苦戦しそうです。 ...

NO IMAGE

【食品保存用ラップの危険性】内分泌かく乱物質(環境ホルモン)は、生殖異常、妊娠中の胎児への悪影響、乳がん細胞を増殖させる他、様々な危険性が指摘されている。

食品用ラップの素材 食品用ラップの素材には、塩素系素材(①ポリ塩化ビニリデン、②ポリ塩化ビニル)と、比較的安全とされる③ポリエチレンや、④ポリオレフィンの大きく3種類があります。 内分泌かく乱物質(環境ホルモン)は、生殖異常、妊娠中の胎児への悪影響、乳がん細胞...

NO IMAGE

動物性食品の場合、まずは「飼育方法」が問題になります。牛は本来牧草を食べる草食です。ところが飼料のほとんどが遺伝子組み換え飼料用の穀物です。また超過密状態で飼育されているため、病気や感染を防ぐために飼料に抗生物質や薬が混ぜられています。そんな不自然な育ち方をした動物を安全とみなして良いのでしょうか?

肉食が健康に良い 菜食が健康に良い ネットを中心にどちらが良いか悪いか?? 度々、論争になっています。 肉食でも、菜食でも、まず「不自然」を考えてみてはいかがでしょうか????? よく肉が体に悪いという話になりますが、人間は数百万年前から狩猟...

NO IMAGE

農薬汚染が化学汚染の元凶~サンキストの輸入レモンは環境ホルモン農薬漬け

サンキストの輸入レモンは環境ホルモン農薬漬け――欧州調査で4割がNG、日本ではなぜか農薬が「食品添加物」として認可サンキストのレモン。4種類の農薬が「防かび剤」として使用されている。そのうち2種類は、環境ホルモン作用がある。妊娠中は特に要注意だ。環境ホルモン研究の世界的権威である...