放射能一覧

【フクシマ】家内も甲状腺腫瘍で摘出手術を受けました。十年前のことです。幸い良性でしたが、その後はずっとホルモン剤を飲み続けました。身体がだるくて、立ち仕事などできません。見た目は健常者と変わらないから、白い目で見られます。

「あんた、胃を全摘して、  胃が回復しました、と言うか?????」 【甲状腺癌の術後に関して、手術経験者、ご家族、友人など全国から集まってきた情...

NO IMAGE

世界一被爆している日本、フクシマだけではない。アメリカの予防医療作業部会は40代の定期検診にマンモグラフィーを勧めていないし、胸のレントゲンを撮り続けるだけで肺がんが増える。

放射能内部被爆と発ガン 世界一被爆している日本、この結果どのようなことが起こるか、6年たったのにまだ人々は把握していないようです。もう遅いと言えば...

「おばあちゃん、低いよ この野菜! セシウム、低い!」ばあちゃんは、にっこり笑った。「孫に食べさせても大丈夫ですか?」答えられない・・・・わからない。そのばあちゃん泣いてたんだ。一人暮らしで、誰も何も教えてくれないって・・・ テレビでは大丈夫だって言ってるけど 信用できなかったって。

【悔しくて泣けてくる。…何してんだよ日本】 わたしは、放射線の食品測定所の臨時職員です。 今日も、ある、ばあちゃんが来た。 ひと伝えに・・...

川内原発2号機の原子炉出力 が100%に引き上げ。1基に着き25億円、電気料金を払っている国民から・・・米国から軍需工場=『 原発 』を早く動かせとの圧力、大地震と火山噴火が相次ぐ日本列島は完全自殺行為。

鹿児島県にある川内原発2号機の原子炉出力 が100%に引き上げられフル稼働の状態になりましたが、経済産業省から『 原発 』を再稼動させると1基に着き...

現在では、多数の生物に対して、放射能の影響で、遺伝子異常が発生し、世代が進むにつれ重篤になる事例(蝶(ヤマトシジミ)などの昆虫、ツバメなどの鳥類)も報告されている。人間については、チェルノブイリの実例から2.5世代までは明らかになっている。結果として、ありとあらゆる健康障害が発生し、健康な子どもの数は、減少する一方である

《放射能障害の遺伝的影響》(Genomic Instability) これが知られざる最重要事項である。 「 Hermann Joseph M...

【放射能】ストロンチウムはカルシウムと同じ性質で水溶性、あらゆる環境水に溶け込み、濃縮されて人体に入り込み、恐ろしい病気、致死的被曝を起こす。濃縮度は数十万倍。

原発事故後、最初の数年はセシウムX内部被曝が主役だが五年もすればストロンチウムXにとって替わるストロンチウムはカルシウムと同じ性質で水溶性、あらゆる環境...

NO IMAGE

【X線 危険】米国の医学者であるロバート・メンデルソン医師は、X線撮影による不必要な放射線の遺伝子影響により、アメリカ人の三万人に死者が出るであろうと示唆。日本は世界一のCT保有国、マンモグラフィーはやればやるほど乳がんが増える。

放射能内部被爆と発ガン 世界一被爆している日本、この結果どのようなことが起こるか、まだ人々は把握していないようです。もう遅いと言えば遅いのだが、知...

NO IMAGE

福島原発事故、原子炉に届いた冷却水は「ほぼゼロ」だったと判明:溶け落ちた核燃料が原子炉の底を突き破り格納容器の床に達した後、崩壊熱による高温状態が維持されることで床のコンクリートを溶かし続けた。

もちろんフクシマはまだ続いています。 というか、終わりはない、と言えるでしょう。 放射能汚染はまだまだ拡大されています。 yahooニュー...