アメリカ牛一覧

NO IMAGE

【アメリカ牛 危険】ホルモン剤(エストロゲン)の恐怖はもはや教科書レベル。外食産業のハンバーガー、牛丼、カレーなどにはこうした残留ホルモン濃度が高い牛肉が使われている可能性が高い。

ファーストフード、ファミレス注意、 の中味。(Source:文春「エストロゲンはホルモン依存性がんの危険因子」 「エストロゲンはホルモン依存性がんの危険因子だという事は、今や教科書レベルの話です」と半田医師が言うように、がんと密接に関係しているからである。エス...

NO IMAGE

【アメリカ牛 危険】ホルモン剤(エストロゲン)の投与により牛は早く成長するが、ホルモン剤急増と比例して癌が増える

やっと出てきましたか。(文春:) ここでは、当たり前の成長ホルモン剤。 (アメリカ産牛肉に著しい) 【牛にエストロゲンを注入するのは、こうすると肥育期間が短くなって利益が10%アップするからである。】 エストロゲン残留濃度、日本の数百倍、当たり前。 ...

NO IMAGE

【アメリカ牛 危険】ホルモン剤の恐怖:エストロゲン(女性ホルモン)の濃度が、アメリカ産牛肉は赤身で600倍、脂肪で140倍も高かった。

ブラジル鶏、アメリカ牛の危険性が叫ばれている。輸送費だけでも馬鹿にならないのになぜ?それらは格安で売られているのだろうか??  日本に輸入され、私たちが何気なく口にしているかもしれない「猛毒食品」は中国産だけではありません。 『怖い中国食品、不気味なアメリカ食品...

NO IMAGE

アメリカ輸入肉の危険性:日本が海外から輸入している肉は、基本的にホルモン剤の残留基準を設けていますが、驚くべきことにアメリカからの輸入肉のみ、残留基準値は設定不要とされている。

国際がん研究機関(IARC)は、ハム、ソーセージ、コンビーフ、ホットドッグ(フランクフルト)、サラミ、ビーフジャーキーなどの加工肉を毎日50g食べた場合、直腸や結腸のがんになる可能性が18%増すという発表をしました。 この結果は、過去20年間における800以上の...

NO IMAGE

アメリカ牛の危険性:アメリカでは養鶏のごみでもある糞、要するに養鶏場の床にたまった大量の糞をかき集め、少量の大豆(もちろんGMO)を混ぜ合わせて牛に食べさせている。

牛は本来牧草地でのびのび暮らしている動物ですが、家畜化した牛はどのような環境で育てられるのでしょうか? 肉の質が問題となっていますが、牛肉が危険、悪なのではなく、危険な牛肉を人間がつくっている、それは言うまでもない事実なのです。 肉のまじめな話 私は基本的に雑食家で...