アメリカ牛一覧

現在の肉はそーとーにやばいということだけは知っておかねばならない。どこの牛がやばいというのはいいにくいし、ある意味ではすべてやばいともいえるのだが、その中でもアメリカ牛はあらゆる点においてやばすぎる。

私は基本的に雑食家であってベジタリアンではない。しかし現在の肉はそーとーにやばいということだけは知っておかねばならない。どこの牛がやばいというのはいいに...

【アメリカ牛 危険】ホルモン剤(エストロゲン)の恐怖はもはや教科書レベル。外食産業のハンバーガー、牛丼、カレーなどにはこうした残留ホルモン濃度が高い牛肉が使われている可能性が高い。

ファーストフード、ファミレス注意、 の中味。(Source:文春「エストロゲンはホルモン依存性がんの危険因子」 「エストロゲンはホルモン依存...

アメリカ輸入肉の危険性:日本が海外から輸入している肉は、基本的にホルモン剤の残留基準を設けていますが、驚くべきことにアメリカからの輸入肉のみ、残留基準値は設定不要とされている。

国際がん研究機関(IARC)は、ハム、ソーセージ、コンビーフ、ホットドッグ(フランクフルト)、サラミ、ビーフジャーキーなどの加工肉を毎日50g食べた...

NO IMAGE

アメリカ牛の危険性:アメリカでは養鶏のごみでもある糞、要するに養鶏場の床にたまった大量の糞をかき集め、少量の大豆(もちろんGMO)を混ぜ合わせて牛に食べさせている。

牛は本来牧草地でのびのび暮らしている動物ですが、家畜化した牛はどのような環境で育てられるのでしょうか? 肉の質が問題となっていますが、牛肉が危険、悪なのではな...