微生物一覧

NO IMAGE

身近なものでインフルエンザ対策を。梅干し、梅酢成分にウイルスを抑制する効果がある。

【「梅干し」でインフル撃退、梅酢成分がウイルス抑制に効果 】 梅干しを作る際にでる梅酢に含まれる「梅酢ポリフェノール」に、インフルエンザウイルスの増殖を抑え、感染力を弱める効果があることが分かったと、梅産地の和歌山県田辺市とJA紀南でつくる「紀州田辺うめ振興協議会」...

NO IMAGE

【フクシマ】微生物で放射線を激減させる発見がされている。ケルブランの生体内原子変換説。放射性セシウムがバリウムに、生体内原子変換が福島の除染実験で証明。

リンク FC2 黄金の時代へ 放射能を無害化するノーベル賞級の発見(1) すでに放射能を無害化するノーベル賞級の発見があった 今月8日真実を探すブログで「【新技術】三菱重工、元素変換の技術を確立!放射性廃棄物の無害化も!遂に現代の錬金術が実現か!? 」...

NO IMAGE

「虫が食うほど美味しい野菜」は本当なのか?虫は本当に窒素過多の植物を好むのか?

「虫が食うほど美味しい野菜なのか」 (ちょっと長いですが重要な栽培知識です) 虫は窒素が多い作物を食う。虫は窒素が大好きである。 と、当たり前のように言われるけど、この際だからハッキリ言うが、そんなはずはないと僕は思う(笑)。 どこからこの話が来たのだろうか。...

NO IMAGE

【生きた菌は重要ではない】生きた菌を腸に届けること自体は重要ではなく、菌体成分や菌の分泌物そして何より菌の数こそが大事になる。

死んだ菌こそ大事 「善玉菌の宝庫である発酵食品を食べても胃酸で殺菌されるし、加熱すれば菌は死んでしまうからあまり意味がないのでは。」 こういう声が多いのも無理がありませんが、腸内環境を整えていき免疫力をあげる効果は実はこの「死菌」こそが大きいのです。確かに私た...

NO IMAGE

土壌に土壌動物相がいる場合といない場合の堆積物の分解のされ具合を早回しした映像

現代人が見えているもの、見ているものは、ほんの一部でしかない。 土壌に土壌動物相がいる場合といない場合の堆積物の分解のされ具合を早回しした映像。ミミズなどの土壌動物相がいない場合、菌類は増えますが、いつまで経っても堆積物が分解されることはありません。土壌動物...

NO IMAGE

【腸内細菌 危険】「腸内細菌が身体に良い」は本当なのだろうか???

腸内細菌が体にいいという嘘 日本人がよく言う代表的な嘘に腸内細菌は体にいいとか、善玉菌は体にいいとか、発酵食品は身体にいいなんて嘘がありますね。もし単純に発酵食品だけが体にいいのなら、なぜ江戸時代以前の日本ではあれほど早くヒトが死んでいたのでしょうか?まあ、他にも要...

NO IMAGE

洗いすぎるとかえって危険。手洗いの回数を抑えて有益な細菌を体内に入れることがアレルギーを予防する

植物繊維の乏しい現代の食事は、重要な腸内細菌に取り返しのつかないダメージを与え、家系の数世代にわたって影響するそうだ。 アメリカ、スタンフォード大学医学部のジャスティン・ソネンバーグ博士とエリカ・ソネンバーグ博士によれば、果物や野菜、ぬかなどに含まれる食物繊維は人間の腸で消化され...

NO IMAGE

確認された「永久の生命」、不死の微生物“ヒドラ”

ヒドラという生物は、自分の体を更新し続けることで、永遠の命をもつことが研究でわかった。外敵からの捕食、海水汚染などにより野生環境で永遠に生きるチャンスはほぼ無いですが、もし人間に応用できれば、永遠の命が手にはいるかもしれません。---いくつかの生物に不死の可能性があることについて...

NO IMAGE

整腸作用のある乳酸菌、実は痛風の危険性が大である。

一般には現状では医者も認識していないが、40歳代以降の腰痛の痛みは多くの場合、プリン体によって引き起こされる痛風・蓄積された尿酸過剰が、痛みの2つの大きな原因の一つである。先ず、乳酸菌とは、そして特に“豆乳ヨーグルト”により生成される大量の乳酸菌は、1 相当量のアルデヒド(猛毒神...

NO IMAGE

発電する微生物で燃料電池をつくる

「田んぼ発電」で有名な渡辺教授のインタビュー記事を抜粋して紹介します。発電の仕組みなど、普通の人も入り口としてわかりやすいと思います。──先生のご専門は生命エネルギー工学で、微生物を利用してエネルギーを作り出す研究をされているそうですね。驚いたのは、微生物を使って発電ができるとか...