その他一覧

NO IMAGE

ネイティブアメリカンの子育ての教え:批判ばかり受けて育った子は、非難ばかりします。

『 ネイティブアメリカンの子育ての教え 』   批判ばかり受けて育った子は、非難ばかりします。 敵意に満ちた中で育った子は、 誰とでも戦います。 ひやかしを受けて育った子は、はにかみ屋になります。 ねたみを受けて育った子は、何時も悪い事をしているような気持ちになり...

NO IMAGE

この世界、この業界で生きていると徹底的にまでわかり、徹底的にまで見せつけられることがある。それがアホほどに口だけ、アホほどに言葉に頼り、アホほどに言葉にしかこだわらないということだ。

アホほど口だけ この世界、この業界で生きていると徹底的にまでわかり、徹底的にまで見せつけられることがある。それがアホほどに口だけ、アホほどに言葉に頼り、アホほどに言葉にしかこだわらないということだ。これらを深層心理から理解しているグーミンたちは最大限に言葉を利用する。つ...

NO IMAGE

フェイスブックなどのSNS「いかに子どもの脳を破壊しているか」元CEOが暴露

フェイスブックに入ると、得体の知れない、奇妙な渦の中に引き込まれていく感覚があります。記事を読んで、人々の「物を考える時間を奪っている」という指摘は大変恐ろしい事です。特に次代を担う子どもたちへの弊害は大きいと思います。また、多数の人が、駅で電車を待つ際も電車の中でも、ス...

NO IMAGE

国の借金、9月末で1080兆円 過去最大更新(財務省)

国の借金、9月末で1080兆円 過去最大更新=財務省 - 財務省は10日、国債と借入金、政府短期証券の現在高が2017年9月末時点で1080兆4405億円だったと発表した。6月末からは1兆4741億円増加し、過去最大を更新した。 内訳は、内国債が949兆998...

NO IMAGE

真実か詐欺か? 核廃棄物も黄金に変える“元素変換”

なんと、ロシアの科学者が、核廃棄物を黄金に変える“元素変換”が可能と発表しました。 近代科学にどっぷり浸かっている私たちからみれば、錬金術のごときペテン話に聞こえてきます。 しかしながら、今やロシアの軍事最先端技術はミサイルや戦闘機や戦艦の電子装置を不能化する単極子...

NO IMAGE

2017年11月30日 元CIAエージェントのビル・オクスリーは、米国政府を代表してボブ・マーリーを暗殺したと告白した。彼は1974年から1985年の間、米国政府の命令で、17の暗殺を実行したと告白。

2017年11月30日 元CIAエージェントのビル・オクスリーは、米国政府を代表してボブ・マーリーを暗殺したと告白した。 79歳のCIA退役軍人、ビル・オクスリーは、メイン州のマーシー病院に入院し、数週間生きていた期間、一連の驚くべき自白をしている。 彼は1974年...

NO IMAGE

爪をみれば健康状態がズバリ分る! 爪が健康状態を警告する5つのサインとは?

爪をみれば健康状態がズバリ分る! 爪が健康状態を警告する5つのサインとは? こうなる前に爪もみで簡単セルフケア!       ■ 爪の状態が悪いと病気が進行している!?     昔から「爪は健康状態を映す鏡」といったことが言われてますが、爪の状態を見...

NO IMAGE

どうしてニンゲンは地球を汚して汚染の限りをつくし、子どもや生物を犠牲にしても何も動かないのでしょう?お金を稼ぎシステムに依存しそれを利用しています。それは万人が同じであり誰が違うなどということは一つもありません。

どうしてニンゲンは地球を汚して汚染の限りをつくし、子どもや生物を犠牲にしても何も動かないのでしょう?確かに何か考えたところですぐに問題が解決するわけではありません。それは私も同じであり私たちも電気を使いPCを使い、生物を殺し食べ植物を殺し食べ、ごみを出し街を汚し、お金を稼ぎシ...

NO IMAGE

生活習慣病の背景に見る、心模様、精神状態について。

【生活習慣病の背景にある隠れたココロ】おのころ心平著 ・高血圧    → ものわかりがよい人間だと思われたい ・糖尿病    → 他人にいい顔をしたい ・痛風     → 夢や理想を持ち続けたい ・脂肪肝    → 忙しすぎて、いろんなことをあと回しにしたい ・...

NO IMAGE

横田めぐみさん、金正日(キム・ジョンイル)一家の日本語教師を務めるなど、金一家の秘密を知ったことが、北朝鮮が帰国させない最大の理由

 ■「めぐみさんは生きている」「金一家の秘密知ってしまった」  【ソウル=桜井紀雄】乗客乗員115人を乗せた大韓航空機が1987年に爆破されたテロ事件から29日で30年となる。実行犯の金賢姫(キム・ヒョンヒ)元工作員(55)が韓国国内で産経新聞のインタビューに応...

NO IMAGE

【風邪薬 危険】風邪のちゃんとした治し方。

風邪のうまい治し方 最近風邪感冒や胃腸炎みたいなのが流行っているそうです。昔から風邪や感冒や胃腸炎になった時はいろいろな方法がありました。しかし最近の大人はこんなことも知らないで病院に行くのでお話になりませんね。風邪薬や対症療法薬がダメという話はこの記事ではもうし...

NO IMAGE

【少食のススメ】オバマも宮崎駿も庶民的…一流の人の食事はなぜ質素なのか

「3食しっかり食べる人で成功している人をあまり聞きません」とは、「できる男は超少食」の著者でもあるジャーナリストの船瀬俊介氏の言葉。極論にも聞こえますが、多くの成功者が質素な食事でバリバリ働いていることもまた事実です。  ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※...

NO IMAGE

【精神医学と心理学の恐怖】精神医学と心理学が各分野に介入すると何が起きるのか??

精神医学と心理学が介入することで何が起きるのか ●教 育 1950年代半ば以降から精神医学や心理学が教育現場に入り込むようになって以来、子供の学ぶ力は年々衰えてきています。また、校内暴力や不登校などの問題も増加の一途です。教師と生徒の信頼関係がますます希薄化しています...

NO IMAGE

病気を癒す、治す、その方法:「少食」「笑い」「感謝」「長息」「筋トレ」

病気を癒す。治す。その方法は5つあります。その内容とは、①「少食」、②「笑い」、③「感謝」、④「長息」、⑤「筋トレ」です。 ①ファスティング(断食):万病を治す妙法です。病気になっても「食うな」「動くな」「寝てろ」で、免疫力、排毒力が増強し、みるみる治っていきます。それ...

NO IMAGE

地球をはじめとした太陽系の惑星はみんな回転している。この宇宙の構造と同じなのがミクロの世界、原子核と電子の構造です。

言霊、カタカムナ、DNA、宇宙論、量子論、君の名は。 僕が言霊と聞いてイメージするのは、やはり祝詞ですかね。毎朝、神棚の前で天津祝詞などを唱えています。意味はよくわからないし、別に効果も期待していないのですが、神様の名前が出てきたりして響きがいいので日課...

NO IMAGE

口呼吸とアレルギーの関係:先進国の中で口呼吸が多いのが日本人だと言われているそうです。しかし、口は食べ物を消化するための消化器官の入り口であり、空気の取り込みは本来鼻で行うも。

口呼吸とアレルギー 先進国の中で口呼吸が多いのが日本人だと言われているそうです。しかし、口は食べ物を消化するための消化器官の入り口であり、空気の取り込みは本来鼻で行うものです。つまり口呼吸は不自然な呼吸です。起きている間は花呼吸であっても寝ているときはいつの間にか口呼吸...

NO IMAGE

現代の学校制度では『人事考課制度』が、教師の私権意識によっていじめを隠蔽する方向に。校の中で不都合な事がおきてしまうと、人命よりも学校の評価評判を優先する馬鹿みたいな学校は少なくありません。

現代の学校制度では『人事考課制度』が、教師の私権意識によっていじめを隠蔽する方向に働いている。 以下、(リンク)より転載。 ******************************** ■教師も結局自分が一番大切 過去の学校でのいじめ自殺事件...

NO IMAGE

必ずしも西洋医学=悪ではない。緊急時対応の西洋医学の重要性について。

とても大事なことです。 昨日もスポーツドリンクの記事を投稿したら、脱水状態の時にそれを飲んで助かったので複雑な気持ちだとコメントくださった方がいらっしゃいましたが、誤解する方は多いですね。 ここからは内海医師の記事です。読んでみて下さいね。 西洋医学=悪ではない ...

NO IMAGE

CIAによる禁断の人体実験! マインドコントロール実験「MKウルトラ計画」の恐怖

マインドコントロールといえば「オウム真理教」ですが、元祖はCIAです。オウムの上にはCIAがいる、とも考えられています。真の黒幕とは一体誰なのでしょうか?? CIAによる国家を超えた国民洗脳計画 (「ムー」2017年5月号「CIAのX-ファイル」特集より抜粋) ...

NO IMAGE

筋ジストロフィーは不治の病ではない。実際に食生活の改善で治っている。

娘の筋力が衰え始め、筋ジストロフィーと診断されて思った事は、5歳までは普通でした。先生からは「治らない」とはっきり言われました。さらに「年々状態は悪化する」と言われたのです。5歳まで普通だったって事は元に戻せる方法があるんじゃないのか?といろいろ情報を集め出しました。過去に娘...

NO IMAGE

切断された指、「魔法の粉」で元通りに…失われた腕・足・器官の再生にも光明か

超音波による骨の再生    リー・スピーヴァック氏のケースでは、骨まで失っていなかった。我々は骨折しても再びつなぎ合わせる能力は備えているが、骨を大きく欠いてしまった場合、それを再生することはできない。それが可能となれば、再生医学は大きく発展する可能性がある。 ...